伊勢物語100)忘れ草

伊勢物語100)忘れ草
 昔、男、後涼殿のはさまを渡りければ、あるやむごとなき人の御局より、忘れ草を「忍ぶ草とやいふ」とて、いださせ給へりければ、賜はりて、
  忘れ草おふる野辺とは見るらめどこはしのぶなりのちも頼まむ  
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語100)忘れ草
 その昔、一人の男が、宮中の後涼殿の廊下を渡っていたところ、とある高貴な女性の私室の中からワスレグサを差し出して、「この草、あなたはシノブグサと呼びますか?」ということで、問い合わせの使いをお出しになったので、その問いをお受けして詠んだ歌がこれ。
  あなたのおられるこの局あたりは、どうやら「忘れ草=昔愛した相手を今はもう忘れてしまいましょうの思い」が一面に生えているらしいですけれど、こちらとしては「偲ぶ草=今なおお慕い申し上げますの思い」です。今後ともあなたのことを頼りに思う気持ちを、私としては、持ち続けましょう  

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========