伊勢物語101)藤の花

伊勢物語101)藤の花
 昔、左兵衛の督なりける在原行平といふありけり。その人の家によき酒ありと聞きて、上にありける左中弁藤原良近といふをなむ、まらうどざねにて、その日はあるじまうけしたりける。なさけある人にて、瓶に花をさせり。その花の中に、あやしき藤の花ありけり。花のしなひ、三尺六寸ばかりなむありける。それを題にてよむ。よみはてがたに、あるじのはらからなる、あるじし給ふて聞きて来たりければ、とらへてよませける。もとより歌のことはしらざりければ、すまひけれど、しひてよませればかくなむ、
  咲く花の下にかくるる人を多みありしにまさる藤のかげかも  
「などかくしもよむ」といひければ、「おほきおとどの栄華のさかりにみまそかりて、藤氏の、ことに栄ゆるを思ひてよめる」となむいひける。みな人、そしらずなりにけり。
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語101)藤の花
 その昔、左兵衛の督の在原行平という男がいた。
この人の家に良い酒があると聞いて、殿中にいた左中弁の藤原良近という人を主賓として、その日は饗宴を設けたのだった。
行平は風流を弁えた人で、花瓶に花をさしていた。
花瓶の花の中に、不思議に見事な藤の花があった。
しなった花房の長さは1メートル近くもあった。
その藤の花を御題に歌を詠んだ。
一同が詠み終えた頃に、主人役の弟の男(在原業平)が、兄が饗宴を催していると聞いてやって来ていたので、これをつかまえてこの男にも歌を詠ませた。
男は元々、和歌のことなど知らなかったので、辞退したのだけれど、無理矢理に詠ませたら、次のような歌を詠んだ。
  花盛りのその陰の下にかくまわれるようにして集まる人々が多いので、昔日の勢いにも優る藤の姿(「かげ」にはまた恩寵・恩顧の意もある)だなあ  
「こう詠んだその歌の心は?」と聞いたところ、「太政大臣(藤原良房)の栄華は絶頂を極め、藤原氏が殊更に繁栄している世の様を思って、こう詠んだのです」と言った。
この発言を聞いて、一同は誰も、この歌を非難しなくなった。

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========