伊勢物語102)世の憂きこと

伊勢物語102)世の憂きこと
 昔、男ありけり。歌はよまざりけれど、世の中を思ひしりたりけり。あてなる女の、尼になりて、世の中を思ひうんじて、京にもあらず、はるかなる山里にすみけり。もと親族なりければ、よみてやる。
  そむくとて雲には乗らぬものなれど世の憂きことぞよそになるてふ  
となむいひやりける。斎宮の宮なり。
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語102)世の憂きこと
 その昔、一人の男がいた。
和歌は詠まなかったが、世の中のことを色々と考え、物知りであった。
高い身分のある女性が、尼になり、世の中を厭わしいものと思って、京都にも身を置かずに遥か遠くの山里に住んでいた。
元々親族の一人だった女性なので、男は彼女のもとに次のような歌を詠んで送った。
  世を背く(出家する)とは言っても、仙人のように雲に乗って宙に浮くことが出来るわけではないでしょうが、それでも山里で暮らしておれば、俗世の辛さは遠い別世界の出来事になる、という話ですね  
と言って送ったのだった。
この女性とは、斎宮の宮のことである。

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========