伊勢物語103)寝ぬる夜の夢

伊勢物語103)寝ぬる夜の夢
 昔、男ありけり。いとまめに実要にて、あだなる心なかりけり。深草の帝になむ仕うまつりける。心あやまりやしたりけむ、親王たちのつかひ給ひける人をあひいへりけり。さて、
  寝ぬる夜の夢をはかなみまどろめばいやはかなにもなりまさるかな  
となむよみてやりける。さる歌のきたなげさよ。
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語103)寝ぬる夜の夢
 その昔、一人の男がいた。
たいへん誠実で実直で、浮ついた心などない男だった。
深草の帝(仁明天皇)にお仕え申し上げていた。
この男が、心に魔が差したということだろうか、親王たちが召し使っていた女性との間で、お互い親しく情を交わし合う関係になってしまった。
そんな中で、
  あなたと共に寝た夜のこと、今も夢のように思い出しますが、その体験がぼんやりと頼りなげなので、うとうとと眠りつつ本物の夢の中ではっきり見てみたいと思っても、ますます一層頼りなくなるばかりです・・・から、もう一度お逢いして、夢でないはっきりとした愛の証しを、あなたと一緒に掴みたいと願う私なのです  
と詠んで女のもとに送ってやった。
こういう歌の未練がましさと言ったら・・・おお嫌だ!

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========