伊勢物語104)加茂の祭

伊勢物語104)加茂の祭
 昔、ことなることなくて、尼になれる人ありけり。かたちをやつしたれど、ものやゆかしかりけむ、加茂の祭見にいでたりけるを、男、歌よみてやる。
  世をうみのあまとし人を見るからにめくはせよも頼まるるかな  
 これは、斎宮のもの見給ひける車に、かく聞こえたりければ、見さしてかへり給ひけりとなむ。
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語104)加茂の祭
 その昔、特別深い事情もないままに出家して尼になった女性がいた。
出家者なりの質素な姿に変わりはしたけれど、俗世の事が慕わしかったのだろうか、賀茂祭りの見物に出て来た彼女に対して、ある男が歌を詠んで送った。
  「海(うみ)」の「海人(あま)」じゃないけれど、世の中への「憂み(うみ)=憂愁」の思いから「尼(あま)」となった女性を、「海松(みる)」じゃないけれど、こうして「見る(みる)」機会があったからには、こっちへ目配せしてくれないかなぁ、と期待してしまう私です  
 この歌は、斎宮が物見遊山している牛車にこのように申し上げたもので、こんなことを言われたものだから、斎宮は見物を途中で切り上げてお帰りになったという話である。

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========