伊勢物語106)龍田川

伊勢物語106)龍田川
 昔、男、親王たちの逍遥し給ふ所にまうでて、龍田川のほとりにて、
  ちはやぶる神代もきかず龍田川からくれなゐに水くくるとは  
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語106)龍田川
 その昔、ある男が、親王たちが気ままに遊興なさる場所に参上して、竜田川の川沿いで詠んだ歌がこれ。
  神々が地上に霊威を振るっていたという遠い昔の世にも、これほどの情景があったとは聞いておりません、それぐらい見事なものですねえ、竜田川の水をまるで異国風の紅の色の如く真っ赤に染め上げるこの紅葉の情景は  

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========