伊勢物語107)身をしる雨

伊勢物語107)身をしる雨
 昔、あてなる男ありけり。その男のもとなりける人を、内記にありける藤原敏行といふ人よばひけり。されど若ければ、文もをさをさしからず、ことばもいひしらず、いはむや歌はよまざりければ、かのあるじなる人、案を書きて、かかせてやりけり。めでまどひにけり。さて男のよめる。
  つれづれのながめにまさる涙河袖のみひぢてあふよしもなし  
返し、例の、男、女にかはりて、
  あさみこそ袖はひづらめ涙河身さへながると聞かば頼まむ  
といへりければ、男いといたうめでて、今まで、巻きて文箱に入れてありとなむいふなる。
 男、文おこせたり。得てのちのことなりけり。「雨の降りぬべきになむ見わづらひはべる。身さいはひあらば、この雨は降らじ」といへりければ、例の、男、女にかはりてよみてやらす。
  かずかずに思ひ思はず問ひがたみ身をしる雨は降りぞまされる  
とよみてやれりければ、蓑も笠もとりあへで、しとどに濡れてまどひ来にけり。
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語107)身をしる雨
 その昔、一人の高貴な男(在原業平)がいた。
その男の下にいた女性に、内記の藤原敏行という男が求愛した。
しかし、彼女は若年だったので、文章も大人っぽくは書けず、手紙の文句もどう書いたらよいかわからず、ましていわんや和歌などは詠まなかったので、例の主人の男が下書きをして、その女に手紙を書かせた上で、敏行に送ってやった。
この手紙をもらった敏行は狂喜乱舞した。
そんな心理状態で、男はこんな歌を詠んだ。
  長雨が降れば川も増水するように、やることもなくただぼんやりと物思いにふけるうちに、空しい涙がいやまさり、私の袖を洪水のようにびしょ濡れにしてしまいました。それなのにあなたにお逢いすることもできないなんて  
これへの返歌を、例の主人格の男が、女に代わって、
  あなたは「袖がびしょ濡れ」というけれど、そういうのは涙の川の水かさが浅いからこその話でしょう。「深みにはまって身体ごと流れてしまった」とでも聞かされれば、あなたの情愛の深さを信じて、頼りにする気も起きるでしょうけどね  
と詠んで送ってやったので、男はそれはもう感動して、今に至るまで、この手紙を巻物にして文書箱に入れて宝物のように保管しているという話である。
 その男(敏行)が、女のもとに手紙を寄越した。
これは、女を我がものとして後のことである。
「今にも雨が降って来そうな空を見て、私の心は憂鬱です。
もし私の身に幸いがあれば、あなたが私のことを心底想ってくださっているようならば、この雨、きっと降らずに、あなたに逢いに行けると思いますけれど」と言って寄越したので、例の主人格の男(業平)は、女に代わって歌を詠んで、男(敏行)の元に届けさせた。
  私のことをあなたが想ってくれているのか、そうでもないのか、じかにあれこれあなたに質問することも難しいので、この身に幸いがあれば晴れ、想われず惨めなら雨、と、空模様で自らの境遇を知る私なのですが・・・空はいよいよ土砂降り、あなたに想われてもいない私の悲しみの涙も、増すばかりです  
と詠んで女に送らせたところ、男は雨よけの蓑も笠も付けぬまま、ずぶ濡れになって、大慌てで女のもとへやって来たのだった。

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========