伊勢物語108)浪こす岩

伊勢物語108)浪こす岩
 昔、女、人の心を恨みて、
  風吹けばとはに浪こす岩なれやわが衣手のかはくときなき  
と、つねのことくさにいひけるを、聞きおひける男、
  宵ごとにかはづのあまた鳴く田には水こそまされ雨は降らねど  
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語108)浪こす岩
 その昔、一人の女が、ある男の薄情な心を恨んで、
  風が吹けば、いつもその上を波が越えて行く岩なのでしょうか、私の着物の袖口は、涙に濡れっぱなしで乾く暇もありません  
と常日頃から口癖のように言っていたのを耳にして、自分のことを言っているのだと思った男は、次のような歌を詠んだ。
  夜が来るごとにたくさんのカエルが鳴く田んぼには、雨は降らずとも水は確かに増すでしょう。あなたの寝所には他の男たちが大勢出入りしているのだから、私が寄り付くまでもないでしょうに、私のことを恨むのは筋違いでしょう  

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========