伊勢物語110)魂結び

伊勢物語110)魂結び
 昔、男、みそかに通ふ女ありけり。それがもとより、「今宵夢になむ見え給ひつる」といへりければ、男、
  思ひあまりいでにし魂のあるならむ夜ぶかく見えば魂結びせよ  
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語110)魂結び
 その昔、一人の男が密かに情を交わしていた女がいた。
その女のもとから、「今夜、あなたが、夢の中で私に逢いに来てくださいました」と言ってきたので、男は次のような歌を詠んだ。
  あなたをあまりに恋い慕うあまり、私の魂がこの肉体を離れて出てしまったもののようです。もし今夜遅くまた私の姿があなたの夢に見えたなら、夜明けには私の魂がちゃんと元の肉体に戻れるように、おまじないをしてくださいね  

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========