伊勢物語111)下紐のしるし

伊勢物語111)下紐のしるし
 昔、男、やむごとなき女のもとに、なくなりにけるをとぶらふやうにて、いひやりける。
  いにしへはありもやしけむ今ぞ知るまだ見ぬ人を恋ふるものとは  
返し、
  下紐のしるしとするも解けなくに語るがごとは恋ひずぞあるべき  
また、返し、
  恋しとはさらにもいはじ下紐の解けむを人はそれと知らなむ  
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語111)下紐のしるし
 その昔、一人の男が、高貴な身分の女性のもとに、亡くなった人への弔問めかして、次のような歌を詠んで送った。
  昔にはこんなこともあったのでしょうか・・・私は今初めて知りました・・・まだお会いしたこともない人に恋してしまうことがあるだなんて  
これに対する女の返歌は次のようなものだった。
  誰かに激しく想われると、女の下着の紐はするりと自然に解けてしまうという話ですが、その下紐を証拠物件としようにも、私のそれは解けてはおりません・・・ということは、あなたは、口で言うほどには私のことを恋してなどいないに違いありません  
これに対し、男はさらに次の返歌を送った。
  私としては、恋しい想いを口に出して言うことは決してしますまい。ただ、もしあなたの下紐がするりと解けたなら、それは私のあなたへの思慕ゆえのことだ、と思い知っていただきたいと思います  

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========