伊勢物語114)芹河行幸

伊勢物語114)芹河行幸
 昔、仁和の帝、芹河に行幸したまひける時、今はさることにげなく思ひけれど、もとつきにけることなれば、大鷹の鷹飼にて候はせ給ひける、すり狩衣のたもとに書きつけける。
  おきなさび人なとがめそ狩衣今日ばかりとぞ鶴も鳴くなる  
おほやけの御けしきあしかりけり。おのがよはひを思ひけれど、若からぬ人は聞きおひけりとや。
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語114)芹河行幸
 その昔、仁和の帝(光孝天皇)が芹河にお出ましになった時、大鷹の鷹飼としてお供させていた男が・・・こういう振る舞いはその場に似付かわしくないとは思ったものの、元々得意の才芸として身に付けたことなので・・・模様摺りの狩衣の袂に次のような歌を書き付けたのだった。
  老人めいた狩衣を、みなさんどうぞお咎めなさいますな。ほら、田んぼの鶴も鳴いていますよ、こういうことをするのは今日限り、私の最後の御奉公ですから、と  
この歌を聞いた帝の御機嫌は、良くなかった。
男としては自分自身の老齢を念頭に置いて詠んだのだけれど、若くもない人(含 帝)はこの歌を聞いて自分自身の事を詠んだものだと解釈した、という話である。

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========