伊勢物語120)筑摩の祭

伊勢物語120)筑摩の祭
 昔、男、女のまだ世経ずとおぼえたるが、人の御もとにしのびてもの聞こえて、のちほど経て、
  近江なる筑摩の祭とくせなむつれなき人のなべのかず見む  
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語120)筑摩の祭
 その昔、まだ男女の情愛を知らぬ初心な女らしく感じられた一人の女性が、ある高貴な人のもとに忍んで情を交わす仲となってしまい、その後しばらく経ってから、ある男が彼女にこんな歌を詠んで送った。
  近江の国の筑摩の祭礼では、女性が、これまでに情を交わした男性の数だけの鍋をかぶって参詣することになっていますが、そのお祭りが早く行なわれてほしいものです。私には情をかけてくれなかったあなたが、他の男たちとどれほど数多く情交を持ってきたものか、見たいものです  

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========