伊勢物語121)梅の花笠

伊勢物語121)梅の花笠
 昔、男、梅壷より雨にぬれて、人のまかりいづるを見て、
  うぐひすの花を縫ふてふ笠もがな濡るめる人に着せてかへさむ  
返し、
  うぐひすの花を縫ふてふ笠はいな思ひをつけよほしてかへさむ  
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語121)梅の花笠
 その昔、ある男が、宮中の梅壷からある女性が雨に濡れながら退出する様を見て、こんな歌を詠んだ。
  鶯が梅の花びらを縫って作るという笠があれば、いいですね。濡れているらしいあなたに着せて帰途につかせてあげたいものです  
これに対するその女性の返歌はこうだった。
  鶯が梅の花を縫って作るという笠はいりませんから、あなたの「想ひ(=おもヒ)」で「火(=ヒ)」をつけてください・・・そうしたら、私の濡れた着物を干した上に、今度は私の「燃ゆる想ひ」をあなたにお返ししますから  

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========