伊勢物語122)井手の玉水

伊勢物語122)井手の玉水
 昔、男、ちぎれることあやまれる人に、
  山城の井手の玉水手に結びたのみしかひもなき世なりけり  
といひやれど、いらへもせず。
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語122)井手の玉水
 その昔、一人の男が、親愛の情を交わすことを約束しておきながらそれを破った女性に、
  山城の国では井手の玉水を手に掬って飲む(手飲む=たのむ)という話ですが、そうして「たのむ=頼りとする」甲斐もないあなたと私の仲だったのですねえ  
と歌を詠んで送ったけれど、女は男に返事もしなかった。

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========