伊勢物語123)深草の女

伊勢物語123)深草の女
 昔、男ありけり。深草にすみける女を、やうやう飽き方にや思ひけむ、かかる歌をよみけり。
  年を経てすみこし里をいでていなばいとど深草野とやなりなむ  
女、返し、
  野とならばうづらとなりて鳴きをらむかりにだにやは君は来ざらむ  
とよめりけるにめでて、ゆかむと思ふ心なくなりにけり。
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語123)深草の女
 その昔、一人の男がいた。
深草に情を交わしに通っていた女がいたのだが、次第に愛情も冷めてきたのだろうか、こんな歌を詠んだのだった。
  長年あなたのもとに通ったこの里を、もしこの私が出て行ってしまえば、今も「深草」という名のこの土地が、ますます一層「草深い野原」となってしまうのでしょうか  
女が返歌で、
  もしあなたが出て行って草ぼうぼうの野原となったなら、私はウズラとなって鳴いていることにしましょう。そうすれば、私に逢うためではないにせよ、せめて狩りをするためだけにでも、きっとあなたは来てくれるでしょうから  
と詠んだのに男は感動して、女を捨てて余所に行こうと思う心はなくなったのだった。

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========