伊勢物語124)いはでぞただに

伊勢物語124)いはでぞただに
 昔、男、いかなりけることを思ひけるをりにかよめる。
  思ふこといはでぞただにやみぬべきわれとひとしき人しなければ  
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語124)いはでぞただに
 その昔、一人の男が、どういう心境を催した時であろうか、こんな歌を詠んだのだった。
  胸の内で私が思っていることなど、言わずにそのままおしまいにしてしまうのがよいのだ。自分とおんなじ人なんて、どうせいないのだから  

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========