伊勢物語125)つひにゆく道

伊勢物語125)つひにゆく道
 昔、男わづらひて、心地死ぬべくおぼえければ、
  つひにゆく道とはかねて聞きしかど昨日今日とは思はざりしを  
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語125)つひにゆく道
 その昔、ある男が病気にかかり、もう間違いなく死にそうな気分になったので、こんな歌を詠んだ。
  人間誰しも最後には必ず行く道、それが死出の旅路というものだ・・・とは、以前から聞いてはいたものの、まさか昨日・今日にもそれがやって来ることになろうとは、思ってもいなかったというのになぁ  

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========