歌物語

・・・かるた取り名人目指すなら、こちら→

伊勢物語』(現代語訳つき)
 ・・・作者未詳(当サイトは"紀貫之"説を支持)、作品名の由来も未詳("えせ=似非=似せ物語"説などもあり)、文学作品としては荒削り(というより未完成下書き段階に近いものも多い)等々、「名作」とは呼び難いものの、歌物語の「原点」であることは間違いない作品。927年前後とされるその成立期は、「詞書の発展形としての詩文つき散文」125を集めて編んだこの「歌物語」なる新文芸ジャンルが、日本初の勅撰和歌集『古今集』(905)により盛り上がった「漢詩文から和歌へ」の日本文芸界の潮流変化を強力に意志的に推し進めんとする野心的試みであることを強く感じさせる。
★複製・著作権について★
 ●『伊勢物語』(本文)は、複製自由です。


 ●『伊勢物語』各章に付けた「アンチョコ現代語訳」は、高校生・受験生をWEBで応援するhttp://fusaugatari.com/(の、のとじゃうご=Noto Jaugo:之人冗悟)よりのプレゼントです・・・から、引用とかtweetとかはしてもいいけど剽窃はダメですよ(すぐバレるから、恥かくだけです)。