「しがひがめ」(from『扶桑語り』)

・・・simply unable to stand being faced with Japanese polit-con-artists not so much ineffecient as mentally incapacitated, here will I introduce you, poor fellow Japanese, to an ancient-style essay on the way of fools millennium old:

from HEIANESE JAPANESE STYLE ESSAY: "Fusau Tales"(ふさうがたり):


『しがひがめ』

『しが僻目 | 希望的観測眼』
Wish ‘n’ Warp, Look ‘n’ Judge



 いまもむかしも、をさなきひとは、ふさうのくににもひとのくににも、おのがこころのあらましごとを、うつしくよにあるまこととなして、ゆめにいつきしかしづきもの、うつつにこしらへあがむるににたり。

 今も昔も、無分別な人は、日本国だろうと外国だろうと、こうあってほしい・こうなる予定であると自分が心に抱いている願望や予想を、現実に世の中に存在する真実と感じて、まるで、夢の中で愛育した大切な人を、現実世界の中にでっち上げて崇めたり可愛がったりしているようなものである。
 In Japan or anywhere else, nowadays or in days gone by, folks of lesser intelligence confuse their personal mental schemes with actual things in the physical world, as fondly as if they were creating and adoring in the waking reality their darling figures in the realm of their dreams.



 をさをさしきひとは、おのがめでみるものとこころよりいでしまぼろしを、まがふることなきうつしごころあるによりて、まさしくあるものとあらまほしきもの、いまあるものとありしもの、かたはなるものまほなるものを、たがふることなくしかとわく。をさなきひとはものみるよりさきにまづねんじ、みまほしきもののみえりてみる。かたくなしきこころおきてにかかづらひて、をしくめでたくおもひなせるままに、あやにくなるをさり、いつきすさみしあらましごと、いつしかうつつかすめて、みまくほしきものにすかされ、まことひがことあやめもわかずまぎれ、けんしようなるべきことわりにいたづらにそむきて、ようせずは、ものぐるほしきまでのひがめもてよにそばみて、ひとのよにまじらふをもおのれとうとみいさむるこそたとしへなくゆゆしけれ。

 しっかりした分別のある人は、自分の目で見る物事と、見たがる心が原因で生じた幻想とを、混同することのない確かな平常心があるので、確かに現実にある物事と、あってほしい物事、今現在存在する物事と、かつては存在したが今は無き物事、不完全な物事と、完璧な物事を、間違えることなく確実に識別する。確たる分別のない人は、物事を見る前にまず最初に心の中で祈念し、見たいと思うものだけを選り好みして見る。愚かで偏屈な心構えにとらわれて、それをいとしく手放せぬ立派なものと堅く信じ込んでいるうちに、自分にとって都合の悪い物事を避け、心の思うがままに大切に育んだ理想・希望の念が、いつの間にやら現実を盗み取って、自分が見たいと思う物事によっていいように目を欺かれ、真実と事実誤認の境界線もさっぱりわからぬほどに混じり合って、際立って目立つはずの物の道理に無益にも逆らって、下手をすれば、正気を失ったかのごとき見誤りでもって世をすねて現実から目をそらし、世間との交流をも自然と嫌い、人付き合いも出来なくさせてしまうのが(この種の希望的観測の)例えようがないほどに恐ろしいところである。
Highly intelligent people, on the other hand, are sensible enough not to identify what is before their eyes with what is born of their desires; what is actually there with what should hopefully be there, what is now with what used to be, what leaves much, with, nothing to be desired ― these are in their eyes two different things. Foolish folks wish before they look, and only see what their desires choose to see; foolishly stubborn in their preoccupation, which they firmly believe too good to desert, they simply ignore and avoid inconvenient realities; their cherished wishes are so rampant in their heads that the objective reality is soon replaced by their illusory ideal; they get themselves deceived by their own desires; totally unable to tell truth from falsehood, they engage themselves in futile revolt against sound reason no sane man fails to see; they may possibly even go so far as to look away from the actual world that looks so crazy to their insanely perverted eyes ― with the hideous consequence that they will naturally find it irritating or even illicit for them to mingle among the world that hardly fits their ideal.



 ものみるに、そのありうるすがたかねておもひおくはひがことならず。されども、そのあるべきすがたかねておきつるは、とにもかくにもうつつひがむるもととはこころうべし。あるがままを、あらまほしくもあやにくも、かかりとことわりて、かまへてかくあれかし・かかるべしのていたらくにみなすべからず。

 物事を見るのに、そのあり得る可能性の様態を予想することは、道理に合わぬ悪いことではない。ただ、そのあるべき理想像を予め心に思い定めておく予断的態度は、あれやこれや様々な形で現実を事実と異なるものへと歪める根本原因であるということは、用心してかかる必要がある。あるがままの現実を、それが自分の望みに叶おうと叶うまいと、「そうあるものだ」と判定して、間違っても「こうあっておくれ」とか「こうあるべきだ」とかの様子にねじ曲げて見てはならない。
 In looking at things, there is nothing bad in imagining what they could possibly turn out to be. But you should keep this in mind ― to picture to yourself in advance what things could hopefully be might, somehow or other, disable you from seeing them the way they actually are. Your reason should persuade you of the reality of the world, desirable or otherwise; never should you allow your wishes to make you see what you’d like to, or have to, see.



  かくありとかくあれかしとあるべしとたがふことなきひとのうれはし  

  『かくかくしかじか「である」というのと、「であってほしいものだ」というのと、「であるのが当然だ」というのが、相反することなき同一物になってしまっているような人間は、嘆かわしい。』
  What is, should or must be there look all the same in the eyes of fools.



  かくあるとかくありたきとあるべきとまがふことなきひとぞうるせき  

  『かくかくしかじか「である」というのと、「でありたい」というのと、「であるのが当然だ」というのが、混同されずにきちんと別物として区分されている人間こそ、立派で賢明な人物である。』
  What is, should or must be there never get confused in the minds of sages.




This Heianese Japanese essay (actually written in the 21st century by Noto Jaugo) was originally designed as educational material for Japnese college-bound students.
Now, it seems, such less-than-intellecutal creatures (mostly poorly educated offsprings of ancient famous politicians) as HATOYAMA YUKIO(鳩山由紀夫) or ABE SHINZOU(安倍晋三) should have greatly benefitted from this age-old wisdom… alas, it’s TOO LATE.

If YOU BELIEVE it’s not too late for you to learn,
CLICK HERE
『扶桑語り(ふさうがたり:Fusau Tales)』サンプル版

★「ツィッター」でこの擬古文+和文+英文エッセイ「しがひがめ」(in『扶桑語り』)を紹介