宇治拾遺物語(巻一 五)005随求陀羅尼額に籠むる法師の事

 これも今は昔、人のもとに、ゆゆしくことごとしく斧を負ひ、法螺貝腰につけ、錫杖つきなどしたる山伏の、ことごとしげなるが入り来て、侍の立蔀の内の小庭に立ちけるを、侍、「あれはいかなる御坊ぞ」と問ひければ、「これは日ごろ白山Continue reading… 宇治拾遺物語(巻一 五)005随求陀羅尼額に籠むる法師の事

宇治拾遺物語(巻一 六)006中納言師時法師の玉茎検知の事

 これも今は昔、中納言法師といふ人おはしけり。その御もとに、ことの外に色黒き墨染の衣の短きに、不動袈裟といふ袈裟掛けて、木攣子の念珠の大きなる繰りさげたる聖法師、入り来て立てり。中納言、「あれは何する僧ぞ」と尋ねらるるにContinue reading… 宇治拾遺物語(巻一 六)006中納言師時法師の玉茎検知の事

宇治拾遺物語(巻一 十一)011源大納言雅俊一生不犯の鐘打たせたる事

 これも今は昔、京極の源大納言雅俊といふ人おはしけり。仏事をせられけるに、仏前にて僧に鐘を打たせて、一生不犯なるを選びて講を行はれけるに、ある僧の礼盤上りて、少し顔気色違ひたるやうになりて、撞木を取りて振りまわして打ちもContinue reading… 宇治拾遺物語(巻一 十一)011源大納言雅俊一生不犯の鐘打たせたる事

宇治拾遺物語(巻一 十四)014小藤太聟におどされたる事

 これも今は昔、源大納言定房と言ひける人のもとに、小藤太といふ侍ありけり。やがて女房にあひ具してぞありける。むすめも女房にてつかはれけり。この小藤太は殿の沙汰をしければ、三とほり四とほりに居広げてぞありける。この女の女房Continue reading… 宇治拾遺物語(巻一 十四)014小藤太聟におどされたる事

宇治拾遺物語(巻二 十四)032柿の木に仏現ずる事

 昔、延喜の帝の御時、五条の天神のあたり、大きなる柿の木の実ならぬあり。その木のうへに、仏あらはれておはします。京中の人、こぞりて参りけり。馬、車もたてあへず、人もせきあへず、拝みののしり、かくするほどに、五六日あるに、Continue reading… 宇治拾遺物語(巻二 十四)032柿の木に仏現ずる事

宇治拾遺物語(巻四 十六)068了延に実因湖水の中より法文の事

 これも今は昔、了延房阿闍梨、日吉の社へ参りて、帰るに、唐崎の辺を過ぐるに、「有相安楽行、此依観思」といふ文を誦したりければ、浪中に、「散心誦法花、不入禅三昧」と、末の句をば誦する声あり。不思議の思ひをなして、「いかなるContinue reading… 宇治拾遺物語(巻四 十六)068了延に実因湖水の中より法文の事

宇治拾遺物語(巻五 九)078御室戸僧正の事一乗寺僧正の事

 これも今は昔、一乗寺僧正、御室戸僧正とて、三井の門流に、やんごとなき人おはしけり。御室戸の僧正は、隆家師の第四の子なり。一乗寺僧正は、経輔大納言の弟五の子なり。御室戸をば隆明といひ。一乗寺をば増誉と言ふ。この二人、おのContinue reading… 宇治拾遺物語(巻五 九)078御室戸僧正の事一乗寺僧正の事

宇治拾遺物語(巻五 十一)080仲胤僧都地主権現説法の事

 これも今は昔、仲胤僧都を、山の大衆、日吉の二宮にて法華経を供養しける導師に、請じたりけり。説法えもいはずして、はてがたに、「地主権現の申せとさぶらふは」とて、「比経難持、若暫持者、我即歓喜、諸仏亦然」といふ文を打ち上げContinue reading… 宇治拾遺物語(巻五 十一)080仲胤僧都地主権現説法の事

宇治拾遺物語(巻九 五)110つねまさが郎等、仏供養の事

 昔、兵藤大夫つねまさといふ者ありき。それは、筑前国山鹿の庄といひし所にすみし。また、そこにあからさまにゐたる人ありけり。つねまさが郎等に、まさゆきとてありしをのこの、仏造り奉りて、供養し奉らんとすと聞き渡りて、つねまさContinue reading… 宇治拾遺物語(巻九 五)110つねまさが郎等、仏供養の事

宇治拾遺物語(巻十 六)119東人生贄を止むる事

 今は昔、山陽道美作国に、中山、高野と申す神おはします。高野は蛇、中山は猿丸にてなんおはする。その神、年ごとの姿に、かならず生贄を奉る。人の娘のかたちよく、髪長く、色白く、身なりをかしげに、姿らうたげなるをぞ、選び求めてContinue reading… 宇治拾遺物語(巻十 六)119東人生贄を止むる事

宇治拾遺物語(巻十一 九)133空入水したる僧の事

 これも今は昔、「桂川に身投げんずる聖」とて、まづ祇蛇林寺にして、百日懺法行ひければ、近き遠きものども、道もさりあへず、拝みにゆきちがふ女房車などひまなし。  見れば、三十余ばかりなる僧の、細やかなる目をも、人に見合はせContinue reading… 宇治拾遺物語(巻十一 九)133空入水したる僧の事

宇治拾遺物語(巻十二 九)145穀断聖、不実露顕の事

 昔、久しく行ふ上人ありけり。五穀を断ちて年ごろになりぬ。帝聞こしめして、神泉苑にあがめすへて、ことに貴み給ふ。木の葉をのみ食ひける。物笑ひする若公達集まりて、この聖の心みんとて、行き向ひて見るに、いとたうとげに見ゆればContinue reading… 宇治拾遺物語(巻十二 九)145穀断聖、不実露顕の事

宇治拾遺物語(巻十三 九)169念仏の僧魔往生の事

 昔、美濃国伊吹山に、久しく行ひける聖ありけり。阿弥陀仏より外の事知らず、他事なく念仏申してぞ年経にける。  夜深く、仏の御前に念仏申して居たるに、空に声ありて告げて曰く、「汝、ねんごろに我を頼めり。今は念仏の数多く積りContinue reading… 宇治拾遺物語(巻十三 九)169念仏の僧魔往生の事

宇治拾遺物語(巻十五 五)190土佐判官代通清、人違ひして関白殿に参り合ふ事

 これも今は昔、土佐判官代通清といふものありけり。歌をよみ、源氏、狭衣などをうかべ、花の下、月の前とすきありきけり。かかるすき物なれば、後徳大寺左大臣、「大内の花見んずるに、かならず」といざなはれければ、通清、目出き事にContinue reading… 宇治拾遺物語(巻十五 五)190土佐判官代通清、人違ひして関白殿に参り合ふ事

宇治拾遺物語(巻十五 八)193相応和尚、都卒天に上ぼる事 附・染殿の后祈り奉る事

 今は昔、叡山無動寺に、相応和尚といふ人おはしけり。比良山の西に、葛川の三瀧といふ所にも、通ひて行ひ給ひけり。その瀧にて、不動尊の申し給はく、「我を負ひて、都卒の内院、弥勒菩薩の御許に率て行き給へ」と、あながちに申しけれContinue reading… 宇治拾遺物語(巻十五 八)193相応和尚、都卒天に上ぼる事 附・染殿の后祈り奉る事

宇治拾遺物語(巻十五 九)194仁戒上人往生の事

 これも今は昔、南京に仁戒上人といふ人ありけり。山階寺の僧なり。才学、寺中に並ぶ輩なし。しかるに、にはかに道心をおこして、寺を出でんとしけるに、その時の別当興正僧都、いみじう惜しみて、制しとどめて、出だし給はず。しわびてContinue reading… 宇治拾遺物語(巻十五 九)194仁戒上人往生の事