宇治拾遺物語(巻一 一)001道命阿闍梨和泉式部の許において読経し五条の道祖神聴聞の事

 今は昔、道命阿闍梨とて、傅殿の子に色に耽りたる僧ありけり。和泉式部に通ひけり。経をめでたく読みけり。それが和泉式部がり行きて臥したりけるに、目覚めて経を心すまして読みけるほどに、八巻読み果てて、暁にまどろまんとするほどContinue reading… 宇治拾遺物語(巻一 一)001道命阿闍梨和泉式部の許において読経し五条の道祖神聴聞の事

宇治拾遺物語(巻一 九)009宇治殿倒れさせ給ひて実相房僧正験者に召さるる事

 これも今は昔、高陽院造らるる間、宇治殿御騎馬にて渡らせ給ふ間、倒れさせ給ひて心地違はせ給ふ。心誉僧正に祈られんとて召しに遣はすほどに、いまだ参らざる先に、女房の局なる女に物憑きて申していはく、「別の事にあらず。きと目見Continue reading… 宇治拾遺物語(巻一 九)009宇治殿倒れさせ給ひて実相房僧正験者に召さるる事

宇治拾遺物語(巻二 二)020静観僧正雨を祈る法験の事

 今は昔、延喜の御時、旱魃したりけり。六十人の貴僧を召して、大般若経読ましめ給ひけるに、僧ども、黒煙を立てて、験現さんと祈りけれども、いたくのみ晴れまさりて、日強く照りければ、帝を始めて、大臣、公卿、百姓人民、この一事よContinue reading… 宇治拾遺物語(巻二 二)020静観僧正雨を祈る法験の事

宇治拾遺物語(巻二 三)021同僧正大嶽の岩祈り失ふ事

 今は昔、静観僧正は西搭の千手院といふ所に住み給へり。その所は、南向きにて大嶽をまもる所にてありけり。大嶽の乾の方のそひに大きなる巌あり。その岩の有様、竜の口をあきたるに似たりけり。その岩の筋に向かひて住みける僧ども、命Continue reading… 宇治拾遺物語(巻二 三)021同僧正大嶽の岩祈り失ふ事

宇治拾遺物語(巻二 八)026晴明蔵人少将を封ずる事

 昔、晴明、陣に参りたりけるに、前はなやかに追はせて、殿上人の参りけるを見れば、蔵人少将とて、まだ若くはなやかなる人の、みめまことに清げにて、車より降りて内に参りたりけるほどに、この少将の上に、烏の飛びて通りけるが、穢土Continue reading… 宇治拾遺物語(巻二 八)026晴明蔵人少将を封ずる事

宇治拾遺物語(巻二 十)028袴垂保昌に合ふ事

 昔、袴垂とていみじき盗人の大将軍ありけり。十月ばかりに、衣の用ありければ、衣少しまうけんとて、さるべき所々窺ひ歩きけるに、夜中ばかりに、人皆しづまり果てて後、月の朧なるに、衣あまた着たりけるぬしの、指貫の稜挟みて、絹のContinue reading… 宇治拾遺物語(巻二 十)028袴垂保昌に合ふ事

宇治拾遺物語(巻二 十三)031成村強力の学士に逢ふ事

 昔、成村といふ相撲ありけり。時に、国々の相撲ども、上り集まりて、相撲節待けるほど、朱雀門に集まりて涼みけるが、そのへん遊びゆくに、大学の東門を過ぎて、南ざまにゆかんとしけるを、大学の衆どもも、あまた東の門に出でて、涼みContinue reading… 宇治拾遺物語(巻二 十三)031成村強力の学士に逢ふ事

宇治拾遺物語(巻三 三)035小式部内侍定頼卿の経にめでたる事

 今は昔、小式部内侍に定頼中納言もの言ひわたりけり。それに又時の関白かよひ給ひけり。局に入りて、臥し給ひたりけるを、知らざりけるにや、中納言寄り来てたたきけるを、局の人「かく」とや言ひたりけん、沓をはきて行きけるが、少しContinue reading… 宇治拾遺物語(巻三 三)035小式部内侍定頼卿の経にめでたる事

宇治拾遺物語(巻三 十七)049小野篁広才の事

 今は昔、小野篁といふ人おはしけり。嵯峨帝の御時に、内裏に札を立てたりけるに、「無悪善」と書きたりけり。帝、篁に、「読め」と仰せられたりければ、「読みは読み候ひなん。されど恐れにて候へば、え申し候はじ」と奏しければ、「たContinue reading… 宇治拾遺物語(巻三 十七)049小野篁広才の事

宇治拾遺物語(巻三 十八)050平貞文本院侍従の事

 今は昔、兵衛佐貞文をば平中と言ふ。色好みにて、宮仕人はさらなり、人の女など、忍びて見ぬはなかりけり。思ひかけて文やる程の人の、なびかぬはなかりけるに、本院寺従といふは村上の御母后の女房なり。世の色好みにてありけるに、文Continue reading… 宇治拾遺物語(巻三 十八)050平貞文本院侍従の事

宇治拾遺物語(巻三 十九)051一条摂政歌の事

 今は昔、一条摂政とは東三条殿の兄におはします。御かたちよりはじめ、心用ひなどめでたく、才、有様、まことしくおはしまし、また、色めかしく、女をも多く御覧じ興ぜざさせ給ひけるが、少し軽々に覚えさせ給ひければ、御名を隠させ給Continue reading… 宇治拾遺物語(巻三 十九)051一条摂政歌の事

宇治拾遺物語(巻四 八)060進命婦清水参りの事

 今は昔、進命婦若かりける時、常に清水へ参りける間、師の僧、清かりけりる八十の者なり。法華経を八万四千部読み奉りたる者なり。この女房をみて、欲心をおこして、たちまちに病になりて、すでに死なんとするあひだ、弟子どもあやしみContinue reading… 宇治拾遺物語(巻四 八)060進命婦清水参りの事

宇治拾遺物語(巻四 九)061業遠朝臣蘇生の事

 これも今は昔、業遠朝臣死ぬる時、御堂の入道殿仰せられけるは、「言ひ置くべき事あらんかし。不便の事なり」とて、解脱寺の観修僧正を召して、業遠にむかひ給ひて加持する間、死人たちまち蘇生して、用事を言ひて後、また目を閉ぢてけContinue reading… 宇治拾遺物語(巻四 九)061業遠朝臣蘇生の事

宇治拾遺物語(巻四 十一)063後朱雀院丈六の仏作り奉り給ふ事

 これも今は昔、後朱雀院、例ならぬ御事、大事におはしましける時、後生の事、恐れ思し召しけり。それに御夢に、御堂入道殿参りて、申し給ひていはく、「丈六の仏を作れる人、子孫に於いて、更に悪道へ堕ちず。それがし多くの丈六を造りContinue reading… 宇治拾遺物語(巻四 十一)063後朱雀院丈六の仏作り奉り給ふ事

宇治拾遺物語(巻四 十四)066白河院御寝の時物に襲はれさせ給ふ事

 これも今は昔、白河院、御殿籠りて後、物におそはれさせ給ひける。「然るべき武具を、御枕の上に置くべし」と沙汰ありて、義家朝臣に召されければ、檀弓の黒塗なるを、一張参らせたりけるを、御枕に立てられて後、おそはれさせおはしまContinue reading… 宇治拾遺物語(巻四 十四)066白河院御寝の時物に襲はれさせ給ふ事

宇治拾遺物語(巻四 十五)067永超僧都魚食ふ事

 これも今は昔、南の京の永超僧都は、魚なき限りは、時、非時もすべて食はざりける人なり。公請勤めて、在京の間、久しくなりて、魚を食はで、くづほれて下る間、奈島の丈六堂の辺にて、昼破子食ふに、弟子一人、近辺の在家にて、魚を乞Continue reading… 宇治拾遺物語(巻四 十五)067永超僧都魚食ふ事

宇治拾遺物語(巻五 二)071伏見修理大夫の許へ殿上人共行き向かふ事

 これも今は昔、伏見修理大夫のもとへ、殿上人二十人ばかり押し寄せたりけるに、にはかにさわぎけり。肴物とりあへず、沈地の机に、時の物ども色々、ただ推し量るべし。盃、たびたびになりて、おのおのたはぶれ出でけるに、厩に、黒馬のContinue reading… 宇治拾遺物語(巻五 二)071伏見修理大夫の許へ殿上人共行き向かふ事

宇治拾遺物語(巻五 十二)081大二条殿に小式部内侍歌読みかけ奉る事

 これも今は昔、大二条殿、小式部内侍おぼしけるが、絶え間がちになりけるころ、例ならぬことおはしまして、久しうなりて、よろしくなり給ひて、上東門院へ参らせ給ひたるに、小式部、台盤所にゐたりけるに、出でさせ給ふとて、「死なんContinue reading… 宇治拾遺物語(巻五 十二)081大二条殿に小式部内侍歌読みかけ奉る事

宇治拾遺物語(巻七 六)097小野宮大饗事、付西宮殿富小路大臣等大饗の事

 今は昔、小野宮殿の大饗に、九条殿の御贈物にし給ひたりける女の装束にそへられたりける紅の打ちたるほそながを、心なかりける御前の、とりはづして、やり水に落し入れたりけるを、すなはち取りあげて、うちふるひければ、水は走りてかContinue reading… 宇治拾遺物語(巻七 六)097小野宮大饗事、付西宮殿富小路大臣等大饗の事

宇治拾遺物語(巻七 七)098式成満則員等三人召され滝口弓芸の事

 これも今は昔、鳥羽院位の御時、白河院の武者所の中に、宮道式成、源満、則員、殊に的弓の上手なりと、その時聞こえありて、鳥羽院位の御時の滝口に、三人ながら召されぬ。試みあるに、おほかた一度もはづさず。これをもてなし興ぜさせContinue reading… 宇治拾遺物語(巻七 七)098式成満則員等三人召され滝口弓芸の事

宇治拾遺物語(巻十 一)114伴大納言、応天門を焼く事

 今は昔、水の尾の帝の御時に、応天門焼けぬ。人のつけたるになんありける。それを、伴善男といふ大納言、「これは信の大臣のしわざなり」と、おほやけに申しければ、その大臣を罪せんとせさせ給ひけるに、忠仁公、世の政は、御弟の西三Continue reading… 宇治拾遺物語(巻十 一)114伴大納言、応天門を焼く事

宇治拾遺物語(巻十 二)115放鷹楽明暹に是季が習ふ事

 これも今は昔、放鷹楽といふ楽を、明暹已講、ただ一人習ひ伝へたりけり。白河院、野行幸、明後日といひけるに、山階寺の三面の僧坊にありけるが、「今宵は門なさしそ。尋ぬる人あらんものか」と言ひて待ちけるが、案のごとく、入り来たContinue reading… 宇治拾遺物語(巻十 二)115放鷹楽明暹に是季が習ふ事

宇治拾遺物語(巻十 三)116堀河院明暹に笛吹かさせ給ふ事

 これも今は昔、堀河院の御時、奈良の僧どもを召して、大般若の御読経行はれけるに、明暹この中に参る。その時に、主上御笛を遊ばしけるが、やうやうに調子を変へて、吹かせ給ひけるに、明暹、調子ごとに、声違へず上げければ、主上怪しContinue reading… 宇治拾遺物語(巻十 三)116堀河院明暹に笛吹かさせ給ふ事