宇治拾遺物語(巻一 一)001道命阿闍梨和泉式部の許において読経し五条の道祖神聴聞の事

 今は昔、道命阿闍梨とて、傅殿の子に色に耽りたる僧ありけり。和泉式部に通ひけり。経をめでたく読みけり。それが和泉式部がり行きて臥したりけるに、目覚めて経を心すまして読みけるほどに、八巻読み果てて、暁にまどろまんとするほどContinue reading… 宇治拾遺物語(巻一 一)001道命阿闍梨和泉式部の許において読経し五条の道祖神聴聞の事

宇治拾遺物語(巻一 二)002丹波国篠村平茸生ふる事

 これも今は昔、丹波国篠村といふ所に、年ごろ、平茸やる方もなく多かりけり。里村の者これを取りて、人にも心ざし、また我も食ひなどして年ごろ過ぐるほどに、その里にとりてむねとある者の夢に、頭をつかみなる法師どもの二三十人ばかContinue reading… 宇治拾遺物語(巻一 二)002丹波国篠村平茸生ふる事

宇治拾遺物語(巻一 三)003鬼に瘤取らるる事

 これも今は昔、右の顔に大きなる瘤ある翁ありけり。大柑子の程なり。人に交じるに及ばねば、薪をとりて世を過ぐるほどに、山へ行きぬ。雨風はしたなくて、帰るにことよわりて、山の中に心にもあらず泊まりぬ。また木こりもなかりけり。Continue reading… 宇治拾遺物語(巻一 三)003鬼に瘤取らるる事

宇治拾遺物語(巻一 九)009宇治殿倒れさせ給ひて実相房僧正験者に召さるる事

 これも今は昔、高陽院造らるる間、宇治殿御騎馬にて渡らせ給ふ間、倒れさせ給ひて心地違はせ給ふ。心誉僧正に祈られんとて召しに遣はすほどに、いまだ参らざる先に、女房の局なる女に物憑きて申していはく、「別の事にあらず。きと目見Continue reading… 宇治拾遺物語(巻一 九)009宇治殿倒れさせ給ひて実相房僧正験者に召さるる事

宇治拾遺物語(巻一 十六)016尼地蔵見奉る事

 今は昔、丹後国に老尼ありけり。地蔵菩薩は暁ごとに歩き給ふといふ事をほのかに聞きて、暁ごとに地蔵見奉らんとて、ひと世界を惑ひ歩くに、博打の打ちほうけてゐたるが見て、「尼君は、寒きに何わざし給ふぞ」と言へば、「地蔵菩薩の暁Continue reading… 宇治拾遺物語(巻一 十六)016尼地蔵見奉る事

宇治拾遺物語(巻一 十七)017修行者百鬼夜行にあふ事

 今は昔、修行者のありけるが、津の国まで行きたりけるに、日暮れて、竜泉寺とて大きなる寺の古りたるが人もなきありけり。これは人宿らぬ所といへども、そのあたりにまた宿るべき所なかりければ、いかがせんと思ひて、笈打ちおろして内Continue reading… 宇治拾遺物語(巻一 十七)017修行者百鬼夜行にあふ事

宇治拾遺物語(巻二 八)026晴明蔵人少将を封ずる事

 昔、晴明、陣に参りたりけるに、前はなやかに追はせて、殿上人の参りけるを見れば、蔵人少将とて、まだ若くはなやかなる人の、みめまことに清げにて、車より降りて内に参りたりけるほどに、この少将の上に、烏の飛びて通りけるが、穢土Continue reading… 宇治拾遺物語(巻二 八)026晴明蔵人少将を封ずる事

宇治拾遺物語(巻二 十二)030唐卒都婆に血付く事

 昔、唐土に大なる山ありけり。その山のいただきに、大きなる卒都婆一つ立てりけり。その山のふもとの里に、年八十ばかりなる女の住みけるが、日に一度、その山の峰にある卒都婆をかならず見けり。たかく大きなる山なれば、ふもとより峰Continue reading… 宇治拾遺物語(巻二 十二)030唐卒都婆に血付く事

宇治拾遺物語(巻三 四)036山伏舟祈り返す事

 これも今は昔、越前国甲楽城の渡りといふ所に渡りせんとて、者ども集まりたるに、山ぶしあり。けいたう坊といふ僧なりけり。熊野、御嶽はいふに及ばず、白山、伯耆の大山、出雲の鰐淵、おほかた修行し残したる所なかりけり。  それにContinue reading… 宇治拾遺物語(巻三 四)036山伏舟祈り返す事

宇治拾遺物語(巻三 十五)047長門前司の女葬送の時本所に帰る事

 今は昔、長門前司といひける人の、女二人ありけるが、姉は人の妻にてありける。妹はいと若くて宮仕へぞしけるが、後には家にゐたりけり。わざとありつきたる男もなくて、ただ時々通ふ人などぞありける。高辻室町わたりにこぞ家はありけContinue reading… 宇治拾遺物語(巻三 十五)047長門前司の女葬送の時本所に帰る事

宇治拾遺物語(巻三 二十)052狐、家に火つくる事

 今は昔、甲斐国に館の侍なりける者の、夕暮れに館を出でて家ざまに行きけるに、道に、狐のあひたりけるを追ひかけて引目して射ければ、狐の腰に射当ててけり。狐、射まろばかされて、鳴きわびて、腰をひきつつ草に入りにけり。この男、Continue reading… 宇治拾遺物語(巻三 二十)052狐、家に火つくる事

宇治拾遺物語(巻四 一)053狐人に憑きてしとぎ食ふ事

 昔、物の怪わづらひし所に、物の怪渡ししほどに、物の怪、物つきに憑きていふやう、「おのれは、たたりの物の怪にても侍らず。うかれてまかり通りつる狐なり。塚屋に子ども侍るが、物をほしがりつれば、かやうの所には、食物ちろぼふもContinue reading… 宇治拾遺物語(巻四 一)053狐人に憑きてしとぎ食ふ事

宇治拾遺物語(巻四 五)057石橋の下の蛇の事

 この近くの事なるべし。女ありけり。  雲林院の菩提講に、大宮をのぼりに参りけるほどに、西院の辺近くなりて、石橋ありけり。水のほとりを、二十あまり、三十ばかりの女、中ゆひて歩みゆくが、石橋をふみ返して過ぎぬるあとに、ふみContinue reading… 宇治拾遺物語(巻四 五)057石橋の下の蛇の事

宇治拾遺物語(巻六 二)084世尊寺に死人を掘り出す事

 今は昔、世尊寺といふ所は、桃園の大納言住み給ひけるが、大将になる宣旨かうぶり給ひにければ、大饗あるじの料に修理し、まづは、いはひし給ひしほどに、明後日とて、にはかに失せ給ひぬ。つかはれ人、みな出で散りて、北の方、若君ばContinue reading… 宇治拾遺物語(巻六 二)084世尊寺に死人を掘り出す事

宇治拾遺物語(巻六 九)091僧伽多羅刹国に行く事

 昔、天竺に僧伽多といふ人あり。五百人の商人を舟に乗せて、かねの津へ行くに、にはかに悪しき風吹きて、舟を南の方へ吹きもて行く事、矢を射るがごとし。知らぬ世界に吹き寄せられて、陸に寄りたるを、かしこき事にして、左右なくみなContinue reading… 宇治拾遺物語(巻六 九)091僧伽多羅刹国に行く事

宇治拾遺物語(巻九 一)106滝口道則、術を習ふ事

 昔、陽成院位にておはしましける時、滝口道則、宣旨を承りて陸奥へ下る間、信濃国ひくにといふ所に宿りぬ。群の司に宿をとれり。まうけしてもてなして後、あるじの郡司は郎等引具して出でぬ。いも寝られざりければ、やはらに起きてたたContinue reading… 宇治拾遺物語(巻九 一)106滝口道則、術を習ふ事

宇治拾遺物語(巻九 二)107宝志和尚、影の事

 昔、唐土に宝志和尚といふ聖あり。いみじく尊くおはしければ、帝、「かの聖の姿を、影に書きとらん」とて、絵師三人をつかはして、「もし一人しては、書きたがふる事もあり」とて、三人して、面々にうつすべきよし仰せ含められて、つかContinue reading… 宇治拾遺物語(巻九 二)107宝志和尚、影の事

宇治拾遺物語(巻十 五)118播磨守の子佐大夫が事

 今は昔、播磨の守公行が子に、佐大夫とて、五条わたりにありし者は、この頃ある顕宗といふ者の父なり。その佐大夫は、阿波守さとなりが供に、阿波へ下りけるに、道にて死にけり。その佐大夫は、河内前司といひし人の類にてぞありける。Continue reading… 宇治拾遺物語(巻十 五)118播磨守の子佐大夫が事

宇治拾遺物語(巻十一 三)126晴明を試みる僧の事

 昔、晴明が土御門の家に、老しらみたる老僧来たりぬ。十歳ばかりなる童部二人具したり。晴明「なにぞの人にておはするぞ」と問へば、「播磨の国の者にて候ふ。陰陽師を習はん心ざしにて候ふ。この道に、殊にすぐれておはしますよしを承Continue reading… 宇治拾遺物語(巻十一 三)126晴明を試みる僧の事

宇治拾遺物語(巻十一 三)127晴明、蛙殺す事

 この晴明、あるとき、広沢の僧正の御房に参りて、もの申し承りけるあひだ、若僧どもの晴明にいふやう、「式神を使ひ給ふなるは、たちまちに人をば殺し給ふや」と言ひければ、「やすくはえ殺さじ。力をいれて殺してん」と言ふ。「さて虫Continue reading… 宇治拾遺物語(巻十一 三)127晴明、蛙殺す事

宇治拾遺物語(巻十二 十五)151河原の院に融公の霊住む事

 今は昔、河原の院は融の左大臣の家なり。陸奥の塩竃の形を作りて、潮を汲み寄せて、塩を焼かせなど、さまざまのをかしき事を尽くして、住み給ひける。大臣うせて後、宇多院には奉りたるなり。延喜の帝、度々行幸ありけり。まだ院、住まContinue reading… 宇治拾遺物語(巻十二 十五)151河原の院に融公の霊住む事

宇治拾遺物語(巻十二 二二)158陽成院妖物の事

 今は昔、陽成院おりゐさせ給ひての御所は、宮よりは北、西洞院よりは西、油の小路よりは東にてなむありける。そこは物すむ所にてなんありける。大きなる池のありける釣殿に、番のものねたりければ、夜中ばかりに、細々とある手にて、こContinue reading… 宇治拾遺物語(巻十二 二二)158陽成院妖物の事

宇治拾遺物語(巻十二 二三)159水無瀬殿[鼠吾]の事

 後鳥羽院の御時、水無瀬殿に、夜々山より、から笠程なる物の、光りて御堂へ飛び入る事侍りけり。西面の者共、面々に、「これを見あらはして高名せん」と心にかけて用心し侍りけれども、むなしくてのみ過ぎけるに、ある夜、景賢ただひとContinue reading… 宇治拾遺物語(巻十二 二三)159水無瀬殿[鼠吾]の事

宇治拾遺物語(巻十二 二四)160一條桟敷屋鬼の事

 今は昔、一條桟敷屋に、ある男とまりて、傾城とふしたりけるに、夜中ばかりに、風ふき、雨ふりて、すさまじかりけるに、大路に、「諸行無常」と詠じて過ぐる者あり。なに者ならんと思ひて、蔀をすこし押し明けてみければ、長は軒と等しContinue reading… 宇治拾遺物語(巻十二 二四)160一條桟敷屋鬼の事

宇治拾遺物語(巻十三 三)163俊宣、迷はし神にあふ事

 今は昔、三条院の八幡の行幸に、左京属にて、邦の俊宣といふ者の供奉したりけるに、長岡に寺戸といふ所の程行きけるに、人どもの、「この辺には、迷神あんなる辺ぞかし」といひつつ渡るほどに、「俊宣も、さ聞くは」と言ひて行くほどにContinue reading… 宇治拾遺物語(巻十三 三)163俊宣、迷はし神にあふ事