宇治拾遺物語(巻九 六)111歌詠みて罪を免るる事

 今は昔、大隅守なる人、国の政をしたためおこなひ給ふあひだ、郡司のしどけなかりければ、「召しにやりて、いましめん」と言ひて、先々の様にしどけなきことありけるには、罪にまかせて、重く軽くいましむることありければ、一度にあらContinue reading… 宇治拾遺物語(巻九 六)111歌詠みて罪を免るる事