百一022)ふくからに あきのくさきの しをるれば むべやまかぜを あらしといふらむ

吹くからに 秋の草木の   しをるれば     むべ山風を 嵐といふらむ 文屋康秀(ふんやのやすひで) 男性(?-c.885) 『古今集』秋下・二四九 Gales of wind make pale autumnal gContinue reading… 百一022)ふくからに あきのくさきの しをるれば むべやまかぜを あらしといふらむ