竹取物語007)燕の子安貝

 中納言石上麻呂足の、家に使はるる男どものもとに、「燕の巣くひたらば告げよ」とのたまふを、承りて、「何の用にかあらむ」と申す。答へてのたまふやう、「燕の持たる子安貝を取らむ料なり」とのたまふ。男ども答へて申す。「燕をあまた殺して見るだにも、腹になき物なり。ただし、子産む時なむ、いかでか出だすらむ、はらかくる」と申す。「人だに見れば、失せぬ」と申す。また人の申すやう、「大炊寮の飯炊く屋の棟に、つくのあるごとに、燕は巣をくひ侍る。それに、まめならむ男どもを率てまかりて、あぐらを結ひ上げて窺はせむに、そこらの燕、子産まざらむやは。さてこそ取らしめ給はめ」と申す。中納言、喜び給ひて、「をかしき事にもあるかな。もっともえ知らざりけり。興あること申したり」とのたまひて、まめなる男ども二十人ばかり遣はして、麻柱に上げ据ゑられたり。殿より使隙なく賜はせて、「子安の貝、取りたるか」と問はせ給ふ。
 燕も、人のあまた上りゐたるに怖ぢて巣にも上り来ず。かかる由の返事を申したれば、聞き給ひて、いかがすぺきと思しわづらふに、かの寮の官人、倉津麻呂と申す翁、申すやう、「子安貝取らむと思しめさば、たばかり申さむ」とて、御前に参りたれば、中納言、額を合はせて向ひ給へり。
 倉津麻呂が申すやう、「この燕の子安貝は、悪しくたばかりて取らせ給ふなり。さては、え取らせ給はじ。麻柱におどろおどろしく二十人の人の上りて侍れば、あれて寄りまうで来ず。せさせ給ふべきやうは、この麻柱をこほちて、人みな退きて、まめならむ人一人を、荒籠に乗せ据ゑて、綱を構へて、鳥の子産まむ間に、綱を吊り上げさせて、ふと子安貝を取らせ給はむなむ、よかるべき」と申す。中納言のたまふやう、「いとよき事なり」とて、麻柱をこほち、人みな帰りまうで来ぬ。
 中納言、倉津麻呂にのたまはく、「燕は、いかなる時にか、子産むと知りて、人をば上ぐべき」とのたまふ。倉津麻呂申すやう、「燕、子産まむとする時は、尾を捧げて七度めぐりてなむ、産み落すめる。さて七度めぐらむ折、引き上げて、その折、子安貝は取らせ給へ」と申す。中納言、喜び給ひて、よろづの人にも知らせ給はで、みそかに寮にいまして、男どもの中にまじりて、夜を昼になして取らしめ給ふ。倉津麻呂かく申すを、いといたく喜びてのたまふ。「ここに使はるる人にもなきに、願ひをかなふることの嬉しさ」とのたまひて、御衣ぬぎてかづけ給うつ。「さらに、夜さり、この寮にまうで来」とのたまうて、遣はしつ。
 日暮れぬれば、かの寮におはして見給ふに、まこと、燕巣作れり。倉津麻呂申すやう、尾浮けてめぐるに、荒籠に人を上せて、吊り上げさせて、燕の巣に手をさし入れさせて探るに、「物もなし」と申すに、中納言、「悪しく探ればなきなり」と腹立ちて、「誰ばかり覚えむに」とて、「われ、上りて探らむ」とのたまひて、籠に乗りて吊られ上りて、窺ひ給へるに、燕、尾を捧げていたくめぐるに合はせて、手を捧げて探り給ふに、手に平める物さはる時に、「われ、物にぎりたり。今はおろしてよ。翁、し得たり」とのたまひて、集まりて、とくおろさむとて、綱を引き過ぐして、綱絶ゆるすなはちに、八島の鼎の上に、のげざまに落ち給へり。
 人々あさましがりて、寄りて抱へ奉れり。御目は白眼にて伏し給へり。人々、水をすくひ入れ奉る。からうして生き出で給へるに、また鼎の上より、手取り足取りして、下げおろし奉る。からうして、「御心地はいかが思さるる」と問へば、息の下にて、「物は少し覚ゆれど、腰なむ動かれぬ。されど、子安貝をふと握り持たれば、嬉しく覚ゆるなり。まづ紙燭さして来。この貝、顔見む」と御頭もたげて、御手をひろげ給へるに、燕のまり置ける古糞を握り給へるなりけり。それを見給ひて、「あな、貝なのわざや」とのたまひけるよりぞ、思ふに違ふことをば、「甲斐なし」と言ひける。
 貝にもあらずと見給ひけるに、御心地も違ひて、唐櫃の蓋の、入れられ給ふべくもあらず、御腰は折れにけり。中納言は、わらはげたるわざして止むことを、人に聞かせじとし給ひけれど、それを病にて、いと弱くなり給ひにけり。
貝をえ取らずなりにけるよりも、人の聞き笑はむことを、日にそへて思ひ給ひければ、ただに病み死ぬるよりも、人聞き恥づかしく覚え給ふなりけり。
 これを、かぐや姫聞きて、とぶらひにやる歌、
  年を経て浪立ち寄らぬ住の江の待つ甲斐なしと聞くはまことか
とあるを、読みて聞かす。いと弱き心に、頭もたげて、人に紙を持たせて、苦しき心地にからうして書き給ふ。
  甲斐はかくありけるものをわびはてて死ぬる命をすくひやはせぬ
と書きはつる、絶え入り給ひぬ。これを聞きて、かぐや姫、少しあはれと思しけり。それよりなむ、少し嬉しきことをば、「甲斐あり」とは言ひける。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『竹取物語』の章を紹介してみる→