竹取物語008)御狩のみゆき

 さて、かぐや姫、容貌の世に似ずめでたきことを、帝聞こしめして、内侍中臣房子にのたまふ。「多くの人の身をいたづらになして婚はざなるかぐや姫はいかばかりの女ぞと、まかりて、見て参れ」とのたまふ。房子、承りてまかれり。竹取の家に、かしこまりて請じ入れて会へり。嫗に、内侍のたまふ。「仰せ言に、かぐや姫の容貌、優におはすなり、よく見て参るべき由、のたまはせつるになむ、参りつる」と言へば、「さらば、かく申し侍らむ」と言ひて入りぬ。
 かぐや姫に、「はや、かの御使に対面し給へ」と言へば、かぐや姫、「よき容貌にもあらず。いかでか見ゆべき」と言へば、「うたてものたまふかな。帝の御使をば、いかでかおろかにせむ」と言へば、かぐや姫の答ふるやう、「帝の召してのたまはむこと、かしこしとも思はず」と言ひて、さらに見ゆべくもあらず。生める子のやうにあれど、いと心はづかしげに、おろそかなるやうに言ひければ、心のままにもえ責めず。
 嫗、内侍のもとに還り出でて、「口惜しく、この幼き者は、強く侍る者にて、対面すまじき」と申す。内侍、「必ず見奉りて参れと仰せ言ありつるものを、見奉らでは、いかでか帰り参らむ。国王の仰せ言を、まさに世に住み給はむ人の、承り給はでありなむや。いはれぬ事なし給ひそ」と、言葉はづかしく言ひければ、これを聞きて、ましてかぐや姫聞くべくもあらず。「国王の仰せ言を背かば、はや殺し給ひてよかし」と言ふ。
 この内侍、帰り参りて、この由を奏す。帝、聞こしめして、「多くの人殺してける心ぞかし」とのたまひて、止みにけれど、なほ思しおはしまして、この女のたばかりにや負けむと思して、仰せ給ふ。「汝が持ちて侍るかぐや姫奉れ。顔かたちよしと聞こしめして、御使賜びしかど、甲斐なく、見えずなりにけり。かくたいだいしくやは慣はすべき」と仰せらる。翁かしこまりて、御返事申すやう、「この女の童は、絶えて宮仕へ仕うまつるべくもあらずはんべるを、もてわづらひ侍り。さりとも、まかりて仰せ給はむ」と奏す。これを聞こしめして仰せ給ふ。「などか、翁のおほしたてたらむものを、心に任せざらむ。この女、もし奉りたるものならば、翁に爵を、などか賜はせざらむ」。
 翁、喜びて、家に帰りて、かぐや姫に語らふやう、「かくなむ、帝の仰せ給へる。なほやは仕うまつり給はぬ」と言へば、かぐや姫、答へていはく、「もはら、さやうの宮仕へ、仕うまつらじと思ふを、強ひて仕うまつらせ給はば、消え失せなむず。御官爵仕うまつりて、死ぬばかりなり」。翁いらふるやう、「なし給ひそ。爵も、わが子を見奉らでは、何にかせむ。さはありとも、などか宮仕へをし給はざらむ。死に給ふべきやうやあるべき」と言ふ。「なほ虚言かと、仕うまつらせて死なずやあると見給へ。あまたの人の心ざしおろかならざりしを、空しくなしてしこそあれ。昨日今日、帝ののたまはむことにつかむ、人聞きやさし」と言へば、翁、答へていはく、「天下のことは、とありとも、かかりとも、御命の危さこそ、大きなる障りなれば、なほ仕うまつるまじきことを、参りて申さむ」とて、参りて申すやう、「仰せの事のかしこさに、かの童を参らせむとて仕うまつれば、『宮仕へに出だし立てば、死ぬべし』と申す。造麻呂が手に生ませたる子にてもあらず。昔、山にて見つけたる。かかれば、心ばせも世の人に似ず侍る」と奏せさす。
 帝、仰せ給はく、「造麻呂が家は、山もと近かなり。御狩の行幸し給はむやうにて、見てむや」とのたまはす。造麻呂が申すやう、「いとよき事なり。何か、心もなくて侍らむに、ふと行幸して御覧ぜむ。御覧ぜられなむ」と奏すれば、帝、にはかに日を定めて、御狩に出で給うて、かぐや姫の家に入り給うて見給ふに、光満ちて、けうらにて居たる人あり。これならむと思して、逃げて入る袖を捕へ給へば、面をふたぎてさぶらへど、初めよく御覧じつれば、類なくめでたく覚えさせ給ひて、「許さじとす」とて率ておはしまさむとするに、かぐや姫、答へて奏す。「おのが身は、この国に生まれて侍らばこそ使ひ給はめ、いと率ておはしまし難くや侍らむ」と奏す。帝、「などかさあらむ。なほ率ておはしまさむ」とて、御輿を寄せ給ふに、このかぐや姫、きと影になりぬ。はかなく口惜しと思して、げにただ人にはあらざりけりと思して、「さらば、御供には率て行かじ。もとの御かたちとなり給ひね。それを見てだに帰りなむ」と仰せらるれば、かぐや姫、もとのかたちになりぬ。帝、なほめでたく思しめさるること、せきとめ難し。かく見せつる造麻呂を悦び給ふ。
 さて、仕うまつる百官の人に饗いかめしう仕うまつる。帝、かぐや姫を留めて帰り給はむことを、飽かず口惜しく思しけれど、魂を留めたる心地してなむ、帰らせ給ひける。御輿に奉りて後に、かぐや姫に、
  帰るさの行幸もの憂く思ほえて背きてとまるかぐや姫ゆゑ
 御返事、
  葎はふ下にも年は経ぬる身の何かは玉の台をも見む
 これを、帝、御覧じて、いとど帰り給はむ空もなく思さる。御心は、さらに立ち帰るべくも思されざりけれど、さりとて、夜を明かし給ふべきにあらねば、帰らせ給ひぬ。
 常に仕うまつる人を見給ふに、かぐや姫の傍に寄るべくだにあらざりけり。異人よりはけうらなりと思しける人の、かれに思し合はすれば、人にもあらず。かぐや姫のみ御心にかかりて、ただ独り住みし給ふ。よしなく御方々にも渡り給はず。かぐや姫の御もとにぞ、御文を書きて通はさせ給ふ。御返り、さすがに憎からず聞こえ交はし給ひて、おもしろく、木草につけても御歌を詠みてつかはす。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『竹取物語』の章を紹介してみる→