竹取物語009)天の羽衣

 かやうにて、御心を互ひに慰め給ふほどに、三年ばかりありて、春の初めより、かぐや姫、月のおもしろう出でたるを見て、常よりも物思ひたるさまなり。ある人の、「月の顔見るは、忌むこと」と制しけれども、ともすれば、人間にも月を見ては、いみじく泣き給ふ。
 七月十五日の月に出で居て、せちに物思へる気色なり。近く使はるる人々、竹取の翁に告げていはく、「かぐや姫、例も月をあはれがり給へども、このごろとなりては、ただ事にも侍らざめり。いみじく思し嘆くことあるべし。よくよく見奉らせ給へ」と言ふを聞きて、かぐや姫に言ふやう、「なんでふ心地すれば、かく物を思ひたるさまにて、月を見給ふぞ。うましき世に」と言ふ。かぐや姫、「見れば、世間心細くあはれに侍る。なでふ物をか嘆き侍るべき」と言ふ。
 かぐや姫のある所に到りて見れば、なほ物思へる気色なり。これを見て、「あが仏、何事思ひ給ふぞ。思すらむこと、何事ぞ」と言へば、「思ふ事もなし。物なむ心細く覚ゆる」と言へば、翁、「月な見給ひそ。これを見給へば、物思す気色はあるぞ」と言へば、「いかで月を見ではあらむ」とて、なほ月出づれば、出で居つつ嘆き思へり。夕闇には、物を思はぬ気色なり。月の程になりぬれば、なほ時々はうち嘆き、泣きなどす。これを、使ふ者ども、「なほ物思すことあるべし」と、ささやけど、親をはじめて、何事とも知らず。
 八月十五日ばかりの月に出で居て、かぐや姫、いといたく泣き給ふ。人目も、今はつつみ給はず泣き給ふ。これを見て、親どもも、「何事ぞ」と問ひ騒ぐ。かぐや姫、泣く泣く言ふ。「さきざきも申さむと思ひしかども、必ず心惑はし給はむものぞと思ひて、今まで過ごし侍りつるなり。さのみやはとて、うち出で侍りぬるぞ。おのが身は、この国の人にもあらず。月の都の人なり。それをなむ、昔の契ありけるによりなむ、この世界にはまうで来たりける。今は帰るべきになりにければ、この月の十五日に、かの本の国より、迎へに人々まうで来むず。さらずまかりぬべければ、思し嘆かむが悲しきことを、この春より、思ひ嘆き侍るなり」と言ひて、いみじく泣くを、翁、「こは、なでふ事をのたまふぞ。竹の中より見つけ聞こえたりしかど、菜種の大きさおはせしを、わが丈立ち並ぶまで養ひ奉りたるわが子を、何人か迎へ聞こえむ。まさに許さむや」と言ひて、「われこそ死なめ」とて、泣きののしること、いと堪へ難げなり。
 かぐや姫のいはく、「月の都の人にて、父母あり。片時の間とて、かの国よりまうで来しかども、かくこの国にはあまたの年を経ぬるになむありける。かの国の父母のことも覚えず。ここには、かく久しく遊び聞こえて、慣らひ奉れり。いみじからむ心地もせず。悲しくのみある。されど、おのが心ならずまかりなむとする」と言ひて、もろともにいみじう泣く。使はるる人も、年ごろ慣らひて、立ち別れなむことを、心ばへなどあてやかにうつくしかりつることを見慣らひて、恋しからむことの堪へ難く、湯水飲まれず、同じ心に嘆かしがりけり。
 このことを、帝、聞こしめして、竹取が家に御使遣はさせ給ふ。御使に、竹取出で会ひて、泣くことかぎりなし。このことを嘆くに、髭も白く、腰もかがまり、目もただれにけり。翁、今年は五十ばかりなりけれども、物思ひには、片時になむ、老いになりにけると見ゆ。御使、仰せ言とて、翁にいはく、「『いと心苦しく物思ふなるは、まことにか』と仰せ給ふ」。竹取、泣く泣く申す、「この十五日になむ、月の都より、かぐや姫の迎へにまうで来なる。尊く問はせ給ふ。この十五日は、人々賜はりて、月の都の人まうで来ば捕へさせむ」と申す。
 御使、帰り参りて、翁の有様申して、奏しつることども申すを、聞こしめして、のたまふ。「一目見給ひし御心にだに忘れ給はぬに、明け暮れ見慣れたるかぐや姫をやりて、いかが思ふべき」。
 かの十五日、司々に仰せて、勅使、少将高野大国といふ人を指して、六衛の司あはせて二千人の人を、竹取が家に遣はす。家にまかりて、築地の上に千人、屋の上に千人、家の人々多かりけるに合はせて、空ける隙もなく守らす。この守る人々も、弓矢を帯してをり。屋の内には、女ども番にをりて守らす。
 嫗、塗龍の内に、かぐや姫を抱かへてをり。翁も、塗龍の戸鎖して、戸□にをり。翁のいはく、「かばかり守る所に、天の人にも負けむや」と言ひて、屋の上にをる人々にいはく、「つゆも、物、空に翔らば、ふと射殺し給へ」。守る人々のいはく、「かばかりして守る所に、蝙蝠一つだにあらば、まづ射殺して、外に曝さむと思ひ侍る」と言ふ。翁、これを聞きて、頼もしがりをり。
 これを聞きて、かぐや姫は、「鎖し籠めて、守り戦ふぺき下組みをしたりとも、あの国の人を、え戦はぬなり。弓矢して射られじ。かく鎖し籠めてありとも、かの国の人来ば、みな開きなむとす。合ひ戦はむとすとも、かの国の人来なば、猛き心つかふ人も、よもあらじ」。翁の言ふやう、「御迎へに来む人をば、長き爪して、眼を掴み潰さむ。さが髪を取りて、かなぐり落さむ。さが尻をかき出でて、ここらの公人に見せて、恥を見せむ」と腹立ちをる。
 かぐや姫いはく、「声高になのたまひそ。屋の上にをる人どもの聞くに、いとまさなし。いますがりつる心ざしどもを思ひも知らで、まかりなむずることの、口惜しう侍りけり。長き契のなかりければ、程なくまかりぬべきなめりと思ひ、悲しく侍るなり。親たちの顧みを、いささかだに仕うまつらで、まからむ道もやすくもあるまじきに、日ごろも出で居て、今年ばかりの暇を申しつれど、さらに許されぬによりてなむ、かく思ひ嘆き侍る。御心をのみ惑はして去りなむことの、悲しく堪へ難く侍るなり。かの都の人は、いとけうらに、老いをせずなむ。思ふこともなく侍るなり。さる所へまからむずるも、いみじく侍らず。老い衰へ給へるさまを見奉らざらむこそ、恋しからめ」と言ひて、翁、「胸痛きことなし給ひそ。麗しき姿したる使にも障らじ」と、妬みをり。
 かかるほどに、宵うち過ぎて、子の時ばかりに、家のあたり、昼の明かさにも過ぎて光りたり。望月の明かさを十合はせたるばかりにて、ある人の毛の穴さへ見ゆるほどなり。大空より、人、雲に乗りて降り来て、土より五尺ばかり上がりたるほどに、立ち列ねたり。内外なる人の心ども、物におそはるるやうにて、合ひ戦はむ心もなかりけり。からうして思ひ起して、弓矢を取り立てむとすれども、手に力もなくなりて、萎えかかりたる中に、心さかしき者、念じて射むとすれども、外ざまへいきければ、荒れも戦はで、心地ただ痴れに痴れて、まもりあへり。
 立てる人どもは、装束のきよらなること、物にも似ず。飛ぶ車一つ具したり。羅蓋差したり。その中に王とおぼしき人、家に、「造麻呂、まうで来」と言ふに、猛く思ひつる造麻呂も、物に酔ひたる心地して、うつ伏しに伏せり。いはく、「汝、幼き人。いささかなる功徳を、翁つくりけるによりて、汝が助けにとて、片時の程とて下ししを、そこらの年ごろ、そこらの黄金賜ひて、身を変へたるがごとなりにたり。かぐや姫は、罪をつくり給へりければ、かく賤しきおのれがもとに、しばしおはしつるなり。罪の限り果てぬれば、かく迎ふるを、翁は泣き嘆く。能はぬことなり。はや返し奉れ」と言ふ。
 翁、答へて申す。「かぐや姫を養ひ奉ること、二十余年になりぬ。『片時』とのたまふに、あやしくなり侍りぬ。また異所に、かぐや姫と申す人ぞおはしますらむ」と言ふ。「ここにおはするかぐや姫は、重き病をし給へば、え出でおはしますまじ」と申せば、その返事はなくて、屋の上に飛ぶ車を寄せて、「いざ、かぐや姫。穢き所に、いかでか久しくおはせむ」と言ふ。立て籠めたる所の戸、すなはち、ただ開きに開きぬ。格子どもも、人はなくして開きぬ。嫗抱きて居たるかぐや姫、外に出でぬ。え留むまじければ、たださし仰ぎて泣きをり。
 竹取、心惑ひて泣き伏せる所に寄りて、かぐや姫言ふ。「ここにも、心にもあらでかくまかるに、昇らむをだに見送り給へ」と言へども、「何しに、悲しきに、見送り奉らむ。われを、いかにせよとて、捨てては昇り給ふぞ。具して率ておはせね」と、泣きて伏せれば、御心惑ひぬ。「文を書き置きてまからむ。恋しからむ折々、取り出でて見給へ」とて、うち泣きて書く言葉は、
 この国に生まれぬるとならば、嘆かせ奉らぬ程まで侍らで過ぎ別れぬること、かへすがへす本意なくこそ覚え侍れ。脱ぎ置く衣を形見と見給へ。月の出でたらむ夜は、見おこせ給へ。見捨て奉りてまかる空よりも、落ちぬべき心地する。
 天人の中に持たせたる箱あり。天の羽衣入れり。またあるは、不死の薬入れり。一人の天人言ふ、「壷なる御薬奉れ。穢き所の物聞こしめしたれば、御心地悪しからむものぞ」とて、持て寄りたれば、いささか嘗め給ひて、少し形見とて、脱ぎ置く衣に包まむとすれば、ある天人包ませず、御衣を取り出でて着せむとす。その時に、かぐや姫、「しばし持て」と言ふ。「衣着せつる人は、心異になるなりといふ。物一言、言ひ置くべき事ありけり」と言ひて、文書く。天人、遅しと、心もとながり給ふ。かぐや姫、「物知らぬことなのたまひそ」とて、いみじく静かに、朝廷に御文奉り給ふ。あわてぬさまなり。
 かくあまたの人を賜ひて留めさせ給へど、許さぬ迎へまうで来て、取り率てまかりぬれば、口惜しく悲しきこと。宮仕へ仕うまつらずなりぬるも、かくわづらはしき身にて侍れば、心得ず思しめされつらめども、心強く承らずなりにしこと。なめげなる者に思しめし留められぬるなむ、心にとまり侍りぬる。
とて、
 今はとて天の羽衣着る折ぞ君をあはれと思ひ出でける
とて、壷の薬添へて、頭中将呼び寄せて奉らす。中将に、天人取りて伝ふ。中将取りつれば、ふと天の羽衣うち着せ奉りつれば、翁をいとほし、愛しと思しつることも失せぬ。この衣着つる人は、物思ひなくなりにければ、車に乗りて、百人ばかり天人具して、昇りぬ。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『竹取物語』の章を紹介してみる→