土佐日記12/22

 廿二日に、和泉の国までと、たひらかに願立つ。藤原のときざね、舟路なれど、馬のはなむけす。上中下、酔ひ飽きて、いとあやしく、汐海のほとりにてあざれあへり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『土佐日記』の一節を紹介してみる→