土佐日記12/27

 廿七日。大津より浦戸をさして漕ぎ出づ。かくあるうちに、京にてうまれたりし女子、国にてにはかに失せにしかば、このごろの出で立ちいそぎを見れど、何言もいはず。京へかへるに、女子のなきのみぞ悲しび恋ふる。在る人人もえ堪へず。このあひだに、ある人の書きて出だせる歌、
  都へと思ふをものの悲しきはかへらぬ人のあればなりけり  
また、ある時には、
  あるものと忘れつつなほなき人をいづらと問ふぞ悲しかりける  
と言ひける間に、鹿児の崎といふ所に、守の兄弟、またこと人、これかれ、酒なにと持て追ひ来て、磯に下りゐて、別れがたきことをいふ。守の館の人人の中に、この来たる人人ぞ、心あるやうにはいはれほのめく。かく別れがたくいひて、かの人人の、口網ももろもちにて、この海辺にて、になひいだせる歌、
  惜しと思ふ人やとまると葦鴨のうち群れてこそわれは来にけれ  
といひてありければ、いといたくめでて、ゆく人の詠めりける、
  棹させど底ひも知らぬわたつみの深き心を君に見るかな  
といふあひだに、楫とり、もののあはれも知らで、おのれし酒をくらひつれば、はやく去なむとて、「汐みちぬ。風も吹きぬべし」とさわげば、舟にのりなむとす。このをりに、在る人人、をりふしにつけて、唐詩ども、時に似つかわしきいふ。またある人、西国なれど甲斐歌などいふ。かく歌ふに、「舟屋形の塵も散り、空ゆく雲も漂ひぬ」とぞいふなる。こよひ浦戸にとまる。藤原のときざね、橘のすゑひら、こと人人追ひ来たり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『土佐日記』の一節を紹介してみる→