土佐日記01/07

 七日になりぬ。おなじ湊にあり。今日は白馬を思へど、かひなし。ただ波の白きのみぞ見ゆる。かかるあひだに、人の家の、池と名あるところより、鯉はなくて、鮒よりはじめて、川のも海のも、ことものども、長櫃にになひつづけておこせたり。若菜ぞ今日をば知らせたる。歌あり。その歌、
  浅茅生の野辺にしあればみずもなき池に摘みつる若菜なりけり  
いとをかしかし。この池といふは、ところの名なり。よき人の、男につきて下りて、住みけるなり。この長櫃のものは、みな人、童までにくれたれば、飽きみちて、舟子どもは腹鼓をうちて、海をさへおどろかして、波たてつべし。
 かくて、このあひだに事おほかり。今日、割篭もたせて来たる人、その名などぞや、いま思ひいでむ。この人、歌よまむと思ふ心ありてなりけり。とかくいひいひて、「波のたつなること」と憂へいひて、よめる歌、
  ゆくさきに立つ白波の声よりもおくれて泣かむわれやまさらむ  
とぞよめる。いと大声なるべし。もて来たるものよりは、歌はいかがあらむ。この歌を、これかれあはれがれども、一人も返しせず。しつべき人もまじれれど、これをのみいたがり、ものをのみ食ひて、夜ふけぬ。この歌主、「まだまからず」と言ひてたちぬ。ある人の子の童なる、ひそかにいふ。「まろ、この歌の返しせむ」といふ。おどろきて、「いとをかしきことかな。よみてむやは。よみつべくは、はやいへかし」といふ。「『まからず』とてたちぬる人を待ちてよまむ」とて、もとめけるを、夜ふけぬとにやありけむ、やがて去にけり。「そもそもいかがよんだる」と、いぶかしがりて問ふ。この童、さすがに恥ぢていはず。しひて問へば、いへる歌、
  ゆく人もとまるも袖の涙川みぎはのみこそぬれまさりけれ  
となむよめる。かくはいふものか。うつくしければにやあらむ、いと思はずなり。「童言にては何かはせむ。媼・翁、手捺しつべし。あしくもあれ、いかにもあれ、たよりあらばやらむ」とて、おかれぬめり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『土佐日記』の一節を紹介してみる→