土佐日記01/08

 八日。障ることありて、なほおなじところなり。こよひ、月は海にぞ入る。これを見て、業平の君の「山の端にげて入れずもあらなむ」といふ歌なむおもほゆる。もし海辺にてよまましかば、「波たちさへて入れずもあらなむ」ともよみてましや。いまこの歌を思ひ出でて、ある人のよめりける、
  照る月の流るる見れば天の川出づる湊は海にざりける  
とや。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『土佐日記』の一節を紹介してみる→