土佐日記01/09

 九日のつとめて、大湊より奈半の泊りを追はむとて漕ぎ出でけり。これかれたがひに、国のさかひのうちはとて、見送りに来る人あまたが中に、藤原のときざね、橘のすゑひら、長谷部のゆきまさらなむ、御館より出でたうびし日より、ここかしこに追ひ来る。この人人ぞ心ざしある人なりける。この人人の深き心ざしは、この海にもおとらざるべし。これより今は漕ぎ離れて行く。これを見送らむとてぞ、この人どもは追ひ来ける。かくて漕ぎ行くまにまに、海のほとりにとまれる人も遠くなりぬ。舟の人も見えずなりぬ。岸にもいふことあるべし。舟にも思ふことあれど、かひなし。かかれど、この歌をひとり言にしてやみぬ。
  思ひやる心は海をわたれども文しなければ知らずやあるらむ  
 かくて、宇多の松原をゆきすぐ。その松の数いくそばく、幾千年を経たりと知らず。もとごとに波うちよせ、枝ごとに鶴ぞ飛びかよふ。面白しと見るにたへずして、舟人のよめる歌、
  見わたせば松のうれごとにすむ鶴は千代のどちとぞ思ふべらなる  
とや。この歌は、ところを見るにえまさらず。
 かくあるを見つつ漕ぎゆくまにまに、山も海もみな暮れ、夜ふけて、西東も見えずして、天気のこと、楫とりの心にまかせつ。男も、ならはぬはいとも心細し。まして女は、舟底にかしらをつきあてて、音をのみぞ泣く。かくおもへば、舟子、楫とりは舟歌うたひて、何とも思へらず。そのうたふ歌は、
  春の野にてぞ音をば泣く、若薄に、手切る切る摘んだる菜を、親やまぼるらむ、姑や食ふらむ、かへらや  
  夜むべのうなゐもがな、銭乞はむ、虚言をして、おぎのりわざをして、銭も持て来ず、おのれだに来ず。  
これならずおほかれども、書かず。これらを人の笑ふを聞きて、海は荒るれども、心はすこし凪ぎぬ。かく行きくらして、泊りにいたりて、翁人ひとり、たうめひとり、あるがなかに心ち悪しみして、ものもものしたばで、ひそまりぬ。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『土佐日記』の一節を紹介してみる→