土佐日記01/11

 十一日。あかつきに舟を出だして室津をおふ。人みなまだ寝たれば、海のありやうも見えず。ただ月を見て西東をば知りける。かかるあひだに、みな夜明けて、手洗ひ、例のことどもして、昼になりぬ。今し、羽根といふところに来ぬ。稚き童、このところの名を聞きて、「羽根といふところは鳥の羽根のやうにやある」といふ。まだ幼き童のことなれば、人々笑ふ時に、ありける女童なむ、この歌をよめる。
  まことにて名に聞くところ羽根ならば飛ぶがごとくに都へもがな  
とぞいひける。男も女も、いかでとく京へもがなとおもふ心あれば、この歌よしとにはあらねど、げにと思ひて人人忘れず。この羽根といふところ問ふ童のついでにぞ、また昔へ人を思ひ出でて、いづれの時にか忘るる。今日はまして、母の悲しがらるることは。下りし時の人の数足らねば、古歌に、「数は足らでぞかへるべらなる」といふことをおもひ出でて、人のよめる、
  世の中に思ひやれども子を恋ふる思ひにまさるおもひなきかな  
といひつつなむ。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『土佐日記』の一節を紹介してみる→