土佐日記01/20

 廿日。昨日のやうなれば、舟出ださず。皆人人憂へなげく。苦しく心もとなければ、ただ日の経ぬる数を、今日幾日、廿日、卅日とかぞふれば、およびもそこなはれぬべし。いとわびし。夜はいも寝ず。廿日の夜の月出でにけり。山の端もなくて、海の中よりぞ出で来る。かうやうなるを見てや、昔、阿倍の仲麻呂といひける人は、唐土にわたりて、かへり来ける時に、舟に乗るべきところにて、かの国人馬のはなむけし、別れ惜しみて、かしこの唐詩つくりなどしける。あかずやありけむ、廿日の夜の月いづるまでぞありける。その月は海よりぞ出でける。これを見てぞ、仲麻呂の主、「わが国にかかる歌をなむ、神代より神も詠ん給び、今は上中下の人も、かうかうに別れ惜しみ、喜びもあり、悲しびもある時にはよむ」とて、よめりける歌、
  青海原ふりさけ見れば春日なる三笠の山に出でし月かも  
とぞよめりける。かの国人、聞き知るまじくおもほえたれども、言の心を、男文字に様を書き出だして、ここの言葉つたへたる人にいひ知らせければ、心をや聞きえたりけむ、いとおもひのほかになむめでける。唐土とこの国とは、言異なるものなれど、月の影は同じことなるべければ、人の心もおなじことにやあらむ。さて、今、そのかみを思ひやりて、ある人のよめる歌、
  都にて山の端に見し月なれど波よりいでて波にこそ入れ  
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『土佐日記』の一節を紹介してみる→