土佐日記01/21

 廿一日。卯の時ばかりに、舟出だす。みな人々の舟出づ。これを見れば、春の海に秋の木の葉しも散れるやうにぞありける。おぼろげの願によりてにやあらむ、風も吹かず、よき日出で来て、漕ぎ行く。この間に、使はれむとてつきて来る童あり。それが歌ふ舟歌、
  なほこそ国の方は見やらるれ、わが父母ありとし思へば、かへらや  
と歌ふぞあはれなる。かく歌ふを聞きつつ漕ぎ来るに、黒鳥と言ふ鳥、岩の上にあつまりをり。その岩のもとに、波白く打ち寄す。楫とりの言ふやう、「黒鳥のもとに白き波を寄す」とぞ言ふ。この言葉、なにとはなけれども、もの言ふやうにぞ聞こえたる。人の程に合はねば、とがむるなり。かく言ひつつ行くに、舟君なる人、波を見て、国より始めて、海賊報いせむと言ふなることを思ふ上に、海のまた恐ろしければ、頭もみな白けぬ。七十ぢ八十ぢは海にあるものなりけり。
  わが髪の雪と磯べの白波といづれまされり沖つ島守  
楫とり言へ。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『土佐日記』の一節を紹介してみる→