土佐日記02/01

 二月一日。朝のま、雨ふる。午時はかりにやみぬれば、和泉の灘といふところより出でて漕ぎゆく。海の上、昨日のごとくに、風波見えず。黒崎の松原を経てゆく。ところの名は黒く、松の色は青く、磯の波は雪のごとくに、貝のいろは蘇芳に、五色にいま一色ぞたらぬ。このあひだに、今日は箱の浦といふところより、綱手曳きてゆく。かくゆくあひだに、ある人のよめる歌、
  玉くしげ箱の浦波たたぬ日は海を鏡とたれか見ざらむ  
また、舟君のいはく、「この月までなりぬること」と嘆きて、くるしきにたへずして、人もいふこととて、心やりにいへる、
  曳く舟の綱手のながき春の日を四十日五十日までわれは経にけり  
聞く人の思へるやう、「なぞ、ただ言なる」とひそかにいふべし。「舟君のからくひねりいだして、よしと思へることを、怨じもこそし給べ」とて、つつめきてやみぬ。にはかに風波高ければ、とどまりぬ。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『土佐日記』の一節を紹介してみる→