土佐日記02/04

 四日。楫とり、「今日風雲の気色はなはだあし」と言ひて、舟出ださずなりぬ。しかれども、ひねもすに波風立たず。この楫とりは、日もえはからぬかたゐなりけり。この泊りの浜には、くさぐさのうるはしき貝、石など多かり。かかれば、ただ昔の人をのみ恋ひつつ、船なる人の詠める、
  寄する波打ちも寄せなむわが恋ふる人忘れ貝下りて拾はむ  
と言へれば、ある人のたへずして、船の心やりに詠める、
  忘れ貝拾ひしもせじ白珠を恋ふるをだにもかたみと思はむ  
となむ言へる。女子のためには、親幼くなりぬべし。「珠ならずもありけむものを」と人言はむや。されども、「死にし子、顔よかりき」と言ふやうもあり。
 なほ同じところに日を経ることを嘆きて、ある女の詠める歌、
  手をひでて寒さも知らぬ泉にぞ汲むとはなしに日ごろ経にける  
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『土佐日記』の一節を紹介してみる→