土佐日記02/05

 五日。今日、からくして和泉の灘より小津の泊りをおふ。松原、目もはるばるなり。これかれ、くるしければよめる歌、
  ゆけどなほゆきやられぬは妹がうむ小津の浦なる岸の松原  
かくいひつつ来るほどに、「舟とく漕げ。日のよきに」ともよほせば、楫とり、舟子どもにいはく、「御舟よりおほせ給ぶなり。朝北の出で来ぬさきに綱手はや曳け」といふ。この言葉のうたのやうなるは、楫とりのおのづからの言葉なり。楫とりは、うつたへに、われ歌のやうなることいふとにもあらず。聞く人の「あやしく歌めきてもいひつるかな」とて、書き出だせれば、げにみそもじあまりなりけり。「今日、波なたちそ」と、人人ひねもすに祈るしるしありて、風波たたず。いまし、かもめ群れゐてあそぶ所あり。京の近づくよろこびのあまりに、ある童のよめる歌、
  祈り来る風間と思ふをあやなくもかもめさへだに波と見ゆらむ  
といひて、ゆくあひだに、石津といふところの松原おもしろくて、浜辺遠し。また、住吉のわたりを漕ぎゆく。ある人のよめる歌、
  今見てぞ身をば知りぬる住の江の松よりさきにわれは経にけり  
ここに、昔へ人の母、一日片時も忘れねばよめる、
  住の江の舟さしよせよ忘れ草しるしありやと摘みてゆくべく  
となむ。うつたへに忘れなむとにはあらで、恋しき心ちしばしやすめて、またも恋ふる力にせむとなるべし。
 かくいひて眺めつつ来るあひだに、ゆくりなく風吹きて、漕げども漕げども、しりへ退きに退きて、ほとほとしくうちはめつべし。楫とりのいはく、「この住吉の明神はれいの神ぞかし。ほしきものぞおはすらむ」とは今めくものか。さて、「幣を奉りたまへ」といふ。いふにしたがひて、幣たいまつる。かくたいまつれども、もはら風やまで、いや吹きにいや立ちに、風波のあやふければ、楫とりまたいはく、「幣には御心のいかねば、御舟もゆかぬなり。なほ、うれしと思ひたぶべきものたいまつりたべ」といふ。またいふにしたがひて、「いかがはせむ」とて、「眼もこそ二つあれ、ただ一つある鏡をたいまつる」とて、海にうちはめつれば口惜し。さればうちつけに海は鏡の面のごとなりぬれば、ある人のよめる歌、
  ちはやぶる神の心を荒るる海に鏡を入れてかつ見つるかな  
いたく、住の江、忘れ草、岸の姫松などいふ神にはあらずかし。眼もうつらうつら、鏡に神の心をこそ見つれ。楫とりの心は、神の御心なりけり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『土佐日記』の一節を紹介してみる→