土佐日記02/09

 九日。心もとなさに、明けぬから舟を曳きつつ上れども、川の水なければ、ゐざりにのみぞゐざる。このあひだに、和田の泊りの分れのところといふところあり、米、魚など乞へば、おこなひつ。
 かくて、舟曳き上るに、渚の院といふところを見つつゆく。その院、昔を思ひやりて見れば、おもしろかりけるところなり。しりへなる岡には松の木どもあり。中の庭には梅の花咲けり。ここに人々のいはく、「これ、昔名高く聞えたるところなり。故惟喬の親王の御供に、故在原の業平の中将の、
  世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし  
といふ歌よめるところなりけり」。いま今日、ある人、ところに似たる歌よめり。
  千代経たる松にはあれど古の声の寒さはかはらざりけり  
また、ある人のよめる、
  君恋ひて世を経るやどの梅の花昔の香にぞなほ匂ひける  
といひつつぞ、都の近づくをよろこびつつ上る。かく上る人人のなかに、京より下りし時に、みな人、子どもなかりき。いたれりし国にてぞ、子生めるものどもありあへる。人みな舟のとまるところに、子を抱きつつ下り乗りす。これを見て、昔の子の母、悲しさにたへずして、
  なかりしもありつつかへる人の子をありしもなくて来るが悲しさ  
といひてぞ泣きける。父もこれを聞きて、いかがあらむ。かうやうのことも歌も、このむとてあるにもあらざるべし。唐土もここも、思ふことにたへぬ時のわざとか。こよひ鵜殿といふところに泊る。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『土佐日記』の一節を紹介してみる→