土佐日記02/16

 十六日。今日の夜さつかた、京へ上るついでに見れば、山崎の小櫃の絵も、曲りの大餅の型も変はらざりけり。「売り人の心をぞ知らぬ」とぞいふなる。かくて京へ行くに、島坂にて人あるじしたり。かならずしもあるまじきわざなり。立ちてゆきし時よりは、来る時ぞ人はとかくありける。これにも返りごとす。夜になして京には入らむと思へば、いそぎしもせぬほどに、月出でぬ。桂川、月のあかきにぞわたる。人人のいはく、「この川、飛鳥川にあらねば、淵瀬さらにかはらざりけり」といひて、ある人のよめる歌、
  ひさかたの月に生ひたる桂川底なる影もかはらざりけり  
また、ある人のいへる、
  天雲のはるかなりつる桂川袖をひでても渡りぬるかな  
また、ある人詠めり。
  桂川わが心にもかよはねどおなじ深さに流るべらなり  
京のうれしきあまりに、歌もあまりぞおほかる。
 夜ふけて来れば、ところどころも見えず。京に入りたちてうれし。家に至りて、門に入るに、月あかければ、いとよくありさま見ゆ。聞きしよりもまして、いふかひなくぞこぼれ破れたる。家に預けたりつる人の心も、荒れたるなりけり。中垣こそあれ、一つ家のやうなれば、望みて預かれるなり。さるは、たよりごとに物も絶えず得させたり。こよひ「かかること」と、声高にものもいはせず。いとはつらく見ゆれど、志はせむとす。さて、池めいてくぼまり、水づけるところあり。ほとりに松もありき。五年六年のうちに、千年や過ぎにけむ、かたへはなくなりにけり。今生ひたるぞまじれる。大方のみな荒れにたれば、「あはれ」とぞ人々いふ。思ひ出でぬことなく、思ひ恋しきがうちに、この家にて生まれし女子の、もろともに帰らねば、いかがは悲しき。舟人もみな、子たかりてののしる。かかるうちに、なほ悲しきにたへずして、ひそかに心知れる人と言へりける歌、
  生まれしも帰らぬものをわが宿に小松のあるを見るが悲しき  
とぞいへる。なほ飽かずやあらむ、またかくなむ。
  見し人の松の千年に見ましかば遠く悲しき別れせましや  
忘れがたく、口惜しきこと多かれど、え尽くさず。とまれかうまれ、とく破りてむ。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『土佐日記』の一節を紹介してみる→