徒然草000)序段・つれづれなるままに

 つれづれなるままに、日ぐらし、硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→