徒然草003)よろづにいみじくとも

 よろづにいみじくとも、色好まざる男は、いとさうざうしく、玉のさかづきのそこなき心地ぞすべき。
 露霜にしほたれて、所定めずまどひありき、親のいさめ、世のそしりをつつむに心のいとまなく、あふさきるさに思ひ乱れ、さるは独り寝がちに、まどろむ夜なきこそをかしけれ。
 さりとて、ひたすらにたはれたる方にはあらで、女にたやすからず思はれむこそ、あらまほしかるべきわざなれ。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→