徒然草005)不幸に愁へにしづめる人の

 不幸に愁へにしづめる人の、頭おろしなど、ふつつかに思ひとりたるにはあらで、あるかなきかに門さしこめて、待つこともなく明かし暮らしたる、さるかたにあらまほし。
 顕基中納言の言ひけむ、配所の月、罪なくて見むこと、さも覚えぬべし。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→