徒然草006)わが身のやむごとなからむにも

 わが身のやむごとなからむにも、まして数ならざらむにも、子といふ物なくてありなむ。
 前中書王、九条太政大臣、花園左大臣、みな、族絶えむことを願ひ給へり。染殿大臣も、「子孫おはせぬぞよく侍る。末のおくれ給へるはわろきことなり」とぞ、世継の翁の物語にはいへる。聖徳太子の御墓をかねて築かせ給ひける時も、「ここを切れ、かしこを断て。子孫あらせじと思ふなり」と侍りけるとかや。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→