徒然草007)あだし野の露消ゆる時なく

 あだし野の露消ゆる時なく、鳥部山の煙立ち去らでのみ住みはつるならひならば、いかにもののあはれもなからむ。世は定めなきこそ、いみじけれ。
 命あるものを見るに、人ばかり久しきはなし。かげろふの夕べを待ち、夏の蝉の春秋を知らぬもあるぞかし。つくづくと一年を暮らすほどだにも、こよなうのどけしや。あかず惜しと思はば、千年を過ぐすとも一夜の夢の心地こそせめ。住みはてぬ世に、醜き姿を待ち得て何にかはせむ。命長ければ恥多し。長くとも四十に足らぬほどにて死なむこそ、めやすかるべけれ。そのほど過ぎぬれば、かたちを恥づる心もなく、人に出でまじらはむことを思ひ、夕べの陽に子孫を愛して、栄ゆく末を見むまでの命をあらまし、ひたすら世をむさぼる心のみ深く、もののあはれも知らずなりゆくなむ、あさましき。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→