徒然草008)世の人の心まどはすこと

 世の人の心まどはすこと、色欲にはしかず。人の心はおろかなるものかな。匂ひなどはかりのものなるに、しばらく衣装に薫物すと知りながら、えならぬ匂ひには、必ず心ときめきするものなり。久米の仙人の、物洗ふ女の脛の白きを見て、通を失ひけむは、まことに手足、はだへなどのきよらに、肥えあぶらづきたらむは、外の色ならねば、さもあらむかし。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→