徒然草011)神無月のころ

 神無月のころ、栗栖野といふ所を過ぎて、ある山里にたづね入ること侍りしに、はるかなる苔の細道を踏み分けて、心細く住みなしたる庵あり。木の葉にうづもるるかけひのしづくならでは、つゆおとなふものなし。閼枷棚に菊、紅葉など折り散らしたる、さすがに住む人のあればなるべし。
 かくてもあられけるよと、あはれに見るほどに、かなたの庭に、大きなる柑子の木の、枝もたわわになりたるが、まはりをきびしく囲ひたりしこそ、少しことさめて、この木なからましかばと覚えしか。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→