徒然草012)同じ心ならむ人と

 同じ心ならむ人としめやかに物語して、をかしきことも、世のはかなきことも、うらなく言ひ慰まむこそうれしかるべきに、さる人あるまじければ、つゆ違はざらむと向かひゐたらむは、ひとりある心地やせむ。
 互ひに言はむほどのことをば、「げに」と聞くかひあるものから、いささか違ふところもあらむ人こそ、「我はさやは思ふ」など言ひ争ひにくみ、「さるからさぞ」ともうち語らば、つれづれ慰まめと思へど、げには、少しかこつ方も、我と等しからざらむ人は、おほかたのよしなしごと言はむほどこそあらめ、まめやかの心のともには、はるかに隔たる所のありぬべきぞ、わびしきや。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→