徒然草013)ひとり灯のもとに

 ひとり灯のもとに文を広げて、見ぬ世の人を友とするぞ、こよなう慰むわざなる。
 文は文選のあはれなる巻々、白氏文集、老子のことば、南華の篇。この国の博士どもの書ける物も、いにしへのは、あはれなること多かり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→