徒然草015)いづくにもあれ、しばし旅だちたるこそ

 いづくにもあれ、しばし旅だちたるこそ、目さむる心地すれ。そのわたりここかしこ見ありき、ゐなかびたる所、山里などはいと目なれぬことのみぞ多かる。都へたよりもとめて文やる。「その事かの事、便宜に忘るな」などいひやるこそをかしけれ。さやうの所にてこそ、よろづに心づかひせらるれ。持てる調度までよきはよく、能ある人、かたちよき人も、常よりはをかしとこそ見ゆれ。寺、社などに忍びてこもりゐたるもをかし。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→